そこに未来があった。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123152021j:image

 

 実際に見に行ってみたが、なななんと、並んでた(祝日だからかな?)

 

 15分ほど待って、入場。

 

 こんな注意書きが。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123152045j:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123152051j:image

 

 iPhone7のApple PayのSuicaで入場したのだが、普通の改札は指紋認証は必要ないが、このゲートは指紋認証しなければならなかったので、そこは少しばかりストレスを感じた。

 

店内。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123152115j:image

 

特徴的なのは、陳列された商品の前にセンサーが置いてあって、とったらその分がカウントされ、会計に反映されるシステムになっている。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123204032j:image

 

 なんと、コーヒーが1円なのだ!!!!

 

 もちろん買ったのだが、それ以外にもなんか買っとこうかな〜と思って、アレを買った

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123204046j:image

 

 会計の際は、画面の前に立つと、手に持っている商品がカメラによって認識され、このように正確に会計される。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123204056j:image

会計が完了すると、ゲートから出れる。

 

 …ということは、払えなければ店内に監禁されるということか!(怖)(笑)

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123204119j:image

 

 1円コーヒー。☕️

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123204136j:image

 

 全部ホット(笑)

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171123204147j:image

 

 あぁ、未来を体験した気分でした。

 

 

これはキャッシュレス理想郷!

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171122215415j:image

AIでレジ会計、JR東が大宮駅で無人店の実験:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23684870Q7A121C1X12000/

 

 ちょっと今日大宮行ってくる。

 

 今までは、祝日も関係なく働いていたけど、今度の会社はちゃんと土日祝日休みでよかった。

 どんどんフィールド・ワークしていこう。

 

 

運転。その匿名性。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171118185806j:image

あおり運転 連帯感生まないクルマ:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO23609760X11C17A1NZ2P00/

 

 なるほど、Twitterのように、匿名性が高いからこそ、運転が乱暴になるということか。

 

 ほんとうに、今後はドラレコが標準装備になりそうだな。カーナビみたいに。

 

さぁさぁこいこいキャッシュレス社会!

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171120223212j:image

バーガー1個もカード払いで 現金不要時代は来るか:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23685490Q7A121C1000000/

 

 早くこないかな…!

 

 私ごとだが、キャッシュレス社会は以前より強く、強く、強く待望していて、

その思いが先日とうとう行動に現れ、何とかクレジットの会社に転職できた。

 

 この記事では、いかにキャッシュレスがいいことなのかを説明しているが、

1番はなんてったって勘定の手間が省け、業務が効率化し、残業が減ったり、精神的なイライラも減る可能性が高いということだ。

 

 このメリットが大きいことを手に取り、ロイホは、現金払い不可の店を東京にニューオープンさせたのだろう。

 

 わたしは今は個別クレジット(マイカーローンや住宅ローンなど)を加盟店に利用促進してもらう営業として活動しているが、

今後はカード決済の部門にどうにかして、どうにかして、どうにかしていきたいと思っている。

 

 日々知識と経験を積み上げよう。

男女不平等? ───ひとつのジェンダー論

  f:id:sukosimo_samuku_nice:20171119175700j:image

ネコノミクス化ける お猫様、人・カネ招く(日経MJ):日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23511250V11C17A1H11A00/

 

 いつも思うんだが、こういった男女間の交流、つまり合コン的なことって、必ず男子の方が料金が高いよね。

 

 まぁ、こういった合コンとかには行ったことないけど、こんな料金設定だと、逆に女子は来ないんじゃないかな。。

 

 20代女子「…ウチらのほうが安いってことは、なんかやましいことがあるんじゃないの? なんかややわー逆に:(;゙゚'ω゚'):

 

  みたいな。

 

 そういう不信感は必ずあるだろうし、男子の方としても多く払うのはなんだか億劫だ。

 90年代以前ならまだしも、2010年代の今ではアナクロニズム(時代錯誤)な感が否めないなあ。。。

 

 もちろん、男子の方が子供を産まない(産めない)点でその分働けて、結果として生涯年収が高いという統計データはあり、それがエビデンス(証拠、論拠)となっての料金設定だろうけど、今はダイバーシティ(多様性)の時代だし、男も育休を取るべき『空気』にもなりつつある。

 

 このような現代において、男女不平等な料金設定はいかがなものか?

 

 私ごとだが、私は父親から

「女性と食事に行った際は、必ず男が払うものだ。」

 と教わったので、それをできる限り実践しているが、よくよく考えを巡らせて見ると、この考えの根底には男尊女卑の思想が瀰漫している可能性がある。

 

 同様に、男女で料金設定が違い、男子の方が多く払うという事態は、これ男尊女卑とも言える。

 

 わたしは特にフェミニストというわけではないが、女性の立場を考えても、また男子としての自身の立場を考えても、アタマの上に「?」が浮かぶ

 

 確かに、今でも男女で合コンなどに行った際、男子の方が多く払うという『空気』はあるが、最も大事なのは、ルールについて男女間でしっかり話し合うことだろう。

 人によって奢られることが嫌いな人もいれば、好きな人もいる。

 だからこそ、そういったお金についてもしっかり話し合うことが、信用につながり、またモテるようにもなるのではないだろうか。

 

 

 (私がモテているかどうかは棚に上げて)

これは…!🌪

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171119082335j:image

 

 業務用ダイソンきたー!!!!

 

 私は濡れた手乾燥機(?)が好きで、特にMITSUBISHIのジェットタオルが好きだ。

 

 しかし、今回初めてダイソンの濡れた手乾燥機(?)を見て、大きな期待とともに、手を突っ込んだ。

 

 「あっ、ああっ…!」

 

 …。

 

 なかなかよかった。

 

 (ただ、手を入れるところ、ちょっと狭いかな。。。)

 

 

【んまい?】一蘭について【コンセプチュアル】

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171118121042j:image

 

 味を忘れてたので、家の近くの一蘭に行った。

 見た目はこんな感じで、んまそぅ なのだが、

思ってたほど……………だった。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171118121054j:image

 

サイレントモードなんてあるとは。。。!

 ぼっちさんにやさしぃな、一蘭

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171118121109j:image

 

ナンジャコリャ!!!!

 

 気合い入り過ぎやろ。。それにほとんどがちゃんと三角に折りたたまれている。。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171118124224j:image

 

 なるほどね。ラーメンだけでなく、それを取り巻くものにも「驚き」を、という感じか。

 なんともコンセプチュアル。

 今後はこういった「とがった」お店が生き残っていくのかなぁ、と、勉強にもなりました。