「結婚できない男」ってさ。。。 〜プロダクト・プレースメントが露骨だ〜

一人が好きで悪いか!!

 

昔からの大親友が面白い面白いと言っているので、Amazon prime video で最初の15分だけ見た。

 

最初の15分だけなのだが、すでにして面白い。

 

ドラマの最初の最初から面白い、というのは、間違いなく『当たり』である。

 

今後時間を見つけて見ていきたい。

 

ただ、東京トヨペットがどどーん!と登場し、そこで国仲涼子が勤めているという設定なので、プロダクト・プレースメントがあまりにも露骨だぁ………。

 

まぁいいか、スポンサーがあって、芸術は完成されるからなぁ。

 

エドガー・ドガ の『エトワール』は、踊り子とパトロンが登場しているが、この絵はまさしく、芸術あるところにスポンサーありき、という、徹底したリアリズムに立脚したものであろう。

 

世界の名画シリーズ、プリハード複製画 エドガー・ドガ作 「エトワール(舞台の踊り子)」【代引不可】

 

 

Amazon prime会員ってとんでもないな。。。

結婚できない男 Blu-ray BOX

 

友人が面白いと言っていたので、Amazonで探していたらあった。

 

しかも、Amazon prime会員なので、ネット接続で見放題だ。

 

しかし、私のスマホは20GB制限があるので、見るときは無料Wi-Fiが飛んでいるコメダ珈琲店か元町珈琲かデニーズかガストだ。

 

これもライフハックだ。

 

更にいうと、私はAmazon student会員なので、年会費が通常より2,000円も安い、1,900円である。

 

「社会人なのになんでAmazon studentなんだよ!?」

 

と、思うかもしれないが、これは4年間有効で、私は大学卒業間近に登録したから、まだ有効なのである。

 

年会費1,900円なので、日割りすると約5円

 

1日5円で映画、ドラマ、音楽が見放題、聴き放題…。

 

素晴らしい。。。

 

3,900円だとしても、1日あたり約11円。

 

これからの世の中、必ずこういう方向にシフトして行く気がしてたまらない。

 

所有から無所有、或いは共有みたいな。

 

 

目から耳へ

マンガ塙保己一―目で聞き、耳で読んだ

 

最近、特に左目の乱視の酷さが増してきたようで、左目の奥、つまり頭に痛みを催し、そればかりか、左肩筋にまで痛みを催す感じになってきた。

 

なので、モノを見るときは必ず眼鏡をかけるようになった。

昨日寝しなに本を読んだ時に、うっかりメガネなしで裸眼で本を読んだら、すぐ左眼のおく辺りが痛くなって、すぐ寝た。

やれやれ。

そして今日は朝起きたら、左ばかりか、頭全体も痛くなってたので、また眠ることとした。

やれやれ。

ただしかし、「何かインプットしたい! 情報、知識が欲しい! そしてそれを加工して発信したい!」という思いは強く強くある。

あるのであるが、普通、情報や知識をゲットする、となると、目を使う。

頭痛がひどいとき、目も開けてられないので、目からの情報・知識習得は不可能だ。

なので、耳だ。

私は今後更に目が悪くなる気がする(勉強好きやし、本読むの好きやし、映画見るの好きだから)ので、何か対策を打たねば………

と、思い、耳を使おう、と。

手始めに、今日は横になりながら大前研一さんや内田樹師匠の講演を聞いた。

これもいいのだけれど、今までで50回くらい聞いてきたから、別なものを聞こう。

そうだなぁ…、簿記のDVDを買って流したり、Audibleに登録して、耳で本を読むのもいいかもしれない。

………何だか塙保己一や、ヘレンケラーにでもなった気分だ。

 

塙保己一は江戸時代の盲目の学者で、当時、盲目の人は琵琶を必ず習わなければならなかった。

 

しかし保己一はサッパリ上達せず、人生に悲観し、今の皇居の外堀を見ながらトボトボ歩いていたら、以下のような言葉が頭によぎった。

 

いのちのかぎりにはげみなば などてことのなさざらんや

 

一生懸命やれば、どうしてそれが達成しないことなどあろうか、いや達成する。という意味のようだ。

 

これで、保己一はもともと好きな読書(保己一の場合、本を読んでもらって覚える)を徹底しておこない、「群書類従」を書き、天下に名の知られる大学者となった。

 

 

塙保己一の紹介になってしまった。

 

ともあれ、モノを学ぶ上では「使えるものは全て使う」(ブリコラージュ)べきだよなぁ、と思う。

 

 

悲しき熱帯〈1〉 (中公クラシックス)

悲しき熱帯〈1〉 (中公クラシックス)

 

 

 

黒田電気の大株主(!)

今度は黒田電気を見てみよう。

 

この会社は電子部品を作っている会社のようで、あまり一般的には有名ではないが、

村上ファンド村上世彰氏が投資していた会社として、一部では有名だ。

 

見てみると…

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170621211722j:image

 

筆頭株主に野村絢さん、とある。

 

実はこの方、村上世彰氏の娘さんである。

 

そう、娘さんも投資家だったのだ(!)。

 

この野村絢さん、なんと黒田電気の株を372万株もってる。

 

この四季報によると、5/29現在の一株あたりの値は2,107円。

 

2,107(円) × 3,720,000(所有株数)=

 

7.838.040.000円。

 

 

…え?

 

 

つまり、野村絢さんは78億円分の株を持ってることになる。。。

 

ひえ〜。

 

四季報、やはり面白い。。。

 

 

 

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

 

 

 

 

第一興商の役員(笑)(笑)

今度は第一興商を見てみよう。

 

第一興商といえば、カラオケの機種、DAMだ。

 

何気なく眺めてたら、スシローの時ほどではないが、びっくりした。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170621211131j:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170621211136j:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170621211227j:image 

 

役員に古田敦也?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!(笑)

 

吹いた。

 

「え…? あの古田さん???? もしかして同姓同名かもな。。。。」

 

と、思いググったら、違った。本人だった。

 

四季報、面白いな〜(笑)

 

 

 

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

 

 

 

スシローの大株主(笑)

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170621210240j:image

 

 最近、よく四季報を読んでいるのだけれど、スシローの欄を見てびっくりした(笑)

 

大株主にノルウェー政府?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!(笑)

 

いっしゅん、訳が分からず、吹いてしまった。

 

ふと考えれば、サーモンとか輸入してるからなのかな、と考えたら、そうだった。

 

ただ、他の寿司屋さん(くら寿司とかカッパ寿司とか)を見ても、ノルウェー政府は株主にはなってなかった。

 

すごいなスシロー、、、ノルウェー政府に認められてるということかよ。。

 

言い換えると、スシローはノルウェー国民の税金が入っていて、ノルウェー国民の期待を背負っている、ということやん。。

 

すごいなスシロー。。。。

 

あと、役員に外国人が多いのも、なんだかユニークだな、と思った。

 

これはなんでだろう?

 

四季報は、「なんじゃこりゃ?!」という情報が見つかり、そこから「なんでだろう?」という思考が働くから、面白い。

 

これからも読んで勉強しよう。

 

 

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

会社四季報 2017年 3集夏号 [雑誌]

 

 

 

 

おいしそ…あれ?

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170621181314p:image

 

日経の夕刊を読んでたら、美味しそうなものが。。。

 

オムライスにカツか。、。いいなぁ。。。

 

と、思ってた矢先、

 

あれ…? なんかデジャブだな。。。みたことある気がする。。。。

 

とおもい、検索したら、、、、

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170621181447p:image

 

ベイビーフェイスで、そういえば同じようなものを食べたことがあった!!!!!!!

 

 

…よろしくお願いします。