たった一言で人生は変わる。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170921234915p:image

 

 オセロにズーッとハマっていて、とうとう最強のレベル50を倒し、ボーナスステージの51レベルのAIも倒した。

 いやぁ…オセロってこんなに面白いとは。。。奥が深い。。。

 そもそもオセロに没頭したきっかけは、中学校でカウンセラーをしている友人の誕生日にラインを送り、帰ってきた返事の中で、

 

中学生たちも祝ってくれたから、今度オセロ負けてあげようかな(笑)(o^^o)

 

 というコメントがあったからだ。

 ここだ。

 ここに「トリガー(引き金)」を引かれた。

 それから私は急にオセロがしたくなって、暇あらばiPhoneのオセロアプリを開き、どんどんレベルアップし、とうとう全クリした。

 今は、オセロを超えて、将棋をやっている。

 オセロはおろか、将棋なんて、今後絶対やらないと思ってたけど、まさかこんなにハマっているとは。

 しかもオセロもそうだが、将棋は一生やれる。

 人生が、変わった。

 あの日、あの時、あのラインで友人が「オセロ」という単語を出さなかったら、この未来は決して来なかったハズ。

 そうだ、たった一言で人生は変わる。

攻めちゃえ、日産

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170921004452j:image

ルノー・日産、22年に完全自動運転 異次元競争に突入:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15I31_V10C17A9MM8000/

 

 日本の自動車メーカーといえば、やはりTOYOTAだし、今後もTOYOTAが自動車の未来を引張ていく存在であろうことは、容易に想像できるのだけれど、個人的にはNISSANに、最も期待を寄せている。

 NISSANは世界に先駆けてEVを大量生産し、世界で50万台も販売したという、他社には出来きていない、圧倒的な実績があり、それに伴う信頼性も高いだろうという予想が、容易につくからだ。

 今、世界はガソリン車廃止の動き、流れとなっているが、次に来るのはEVだろう。

 TOYOTAが以前からHVを売りまくっていて、完全水素自動車も一般販売しているが、流れはFCVではなく、EVではないだろうか。

 EV販売においては、テスラが今一番注目されているだろう。というのもなんてったって、そのスタイルのクールさが眩しいから。

 正直言って、TOYOTAのHVやFCV、ましてやNISSANのEVも、決してクールなスタイルではない。

 新しいリーフは少しかっこよくなったが、まだまだではないか。

 目標は、スカイラインGT−RとかフェアレディZのEVが誕生することが、最終目的ではないだろうか。

 ここまで行けば、テスラに負けることはないだろう。

 攻めちゃえ、NISSAN

ついに謎肉の正体が!

       

カップヌードル、謎肉の正体は肉と… 日清サイトで公開:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK9M30RXK9MUTIL00B.html

 

 あの謎肉、個人的にはあまり好きではないんだけれど、正体が分かるとなると、ついつい気になってしまう。

 ところでこの謎肉、昔、といっても2010年頃は「コロ・チャー」って言われてた気がする。

 


【CM】カップヌードル 「コロ・チャー マーチ」篇

 

 これ、業界では知らない人がいないというほど有名なCMディレクターが手がけたとのこと。

 耳に残る、かわゆいフレーズを、ムキムキな感じでキムタクが何度も連呼して、時々「ゴローちゃん」が登場するところがセンセーショナルだったので、覚えている人も多いかと思う。

 このCMに、「伝える技術」も詰まっている気がする。

 

【圧勝】オセロにハマる

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170916024415p:image

 

愉しい。

 

このオセロはただ、相手の手早すぎて、どう出たかわかりづらいけれど、AIに勝つというのはやはり嬉しい。

やっぱりあれですね、ゲームって、勝ってなんぼだな。

 勝つほどこと面白いことはない。

 負けまくるけど、その悔しさが勝った時の喜びを引き立てるから。 

性について

若者が少女を集団レイプ、携帯で映した動画出回る 南ア https://www.cnn.co.jp/world/30006304.html 

 

 うーん。。。

 このニュース、日本でも時々あることはあるけれど(先の医大生が関わったやつ)、恐らく非モテで、性に触れるメディアがかなり制限されているんだろうなぁ。

 男なら誰でも「ヤりたい」と思うだろうけど、それを発揮する場所とタイミングと、相手を間違ったら人生を大きく狂わしてしまうのは、昨今のニュースが証明していることだ。

 10代の後半から20代の前半なんて、本当に本当に本当に、性欲が強くて強くて強くて、なかなか押し止められないこともあるかと思う。

 この爆発的な性欲をコントロールすること。

 これは恐らく多くの男性が経験しているイニシエーション、通過儀礼的なもののように思う。

 村上龍が以下のようなことを言っている。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170915182250j:image

 

 これは、真理をついているのではないだろうか。 

んまそ…じゅるり…(@ ̄ρ ̄@)

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170915153538j:image

寒い日のホカホカランチ 日本橋 お多幸本店「とうめし定食」(vol.1)|久住昌之の突撃!男の仕事飯|おれカラ|第一三共ヘルスケア

 

東京にあるみたい。

東京には7年間住んでいたけれど、こんな店知らなかった。。。

 やはり、汲んでも汲んでも汲み尽くせない街、TOKYOだなぁ。

 それにしてもこの、炊き込みご飯の上に、おでんの汁がたーっぷり染み込んだお豆腐がドドーんと乗ったこの「とうめし」…。

 あぁ、想像しただけでヨダレが…じゅるり(@ ̄ρ ̄@)

 

 

なんかイラっとしません?

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170915175512j:image

 

ラインの通知を見たら、ヤマトからこう来てた。

 …なんかこれ、一瞬ヤマトから「うるせぇ」と言われている気がする。。。

 恐らく、私と同じことを思った方もいるのではないだろうか。

 「うるせぇトリ」というのはあくまで固有名詞な訳だが、「うるせぇ」という形容詞が読み手に不愉快な気持ちを起こさせかねない。

 「うるせぇ」ではなく、古語の「かしましい」を利用して「かしまし(系)バード」とか、騒騒しいから飛躍させて「ソーゾー(しい系)バード」とか、福本伸行的に「ざわ…ざわ…鳥…」に名前変更したらよろしいのではないかと思う。

 

 …よろしくお願いします。(笑)