思考実験

親子の教育論

【データ】「親が部屋入るのイヤ」減少:日本経済新聞http://www.nikkei.com/article/DGKKZO20128030Y7A810C1CK8000/ 私はけっこう嫌、だな、親が自分の部屋に入ってくるのは。。。 そういえば親父にもおふくろにもぶたれたことはないな。。。兄貴は父親に何…

寿司打と自己客観視についての一考察

ここ3週間くらい毎日ズーッとやってきたおかげで、とうとうブラインドでも高級コースで10,000円を上回ることが出来た…! よっしゃよっしゃ、小さな成功体験だけれど、これが大事だ。 ところで、私はmoumoonという男女2人組のポップデュオに昔から注目してい…

【寿司打】タッチタイピングレベル⤴️⤴️

よし! 2,000円を超えてきたぞ! そろそろ10,000円の高級コースにタッチタイピングでチャレンジの頃だな。。。 なんていうかな、こういう小さな成功・達成体験を積み重ねることで、自信がついて来るんだよね。 教育において最も大事なのは、出来ないことが出…

愛と憎悪のストーリーとは何か?

交際相手を線路に突き落とした容疑で逮捕 埼玉・草加駅:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK864QG8K86UTNB00L.html 男は27歳の自称建設作業員。 女は31歳のアルバイト。 お互い、年齢的に結婚を意識する年頃で、そんな話をしていた矢先に起…

モテる技術、或いは告白させる技術についての一考察

かれこれしてここ1ヶ月くらいズーーーーーーーーーッとからかい上手の高木さんにハマっていて、とうとう全巻揃えたのだが、ふと思ったことがあった。 からかうって、モテる技術じゃないか? と。 以下の写真は何度も引用しているのだけれど、もう一度登場願…

『付き合ってる』とは何か?

『恋は雨上がりのように』を読んでいて、ふと或る漫画を思い出した。 それは、作者はおろか、タイトルすら思い出せなかったのだけれど、『恋は〜』同様に、陸上と青春が絡んだ漫画であり、主人公は「如月」といって、その子が2人の女の子を振り回す、という…

私の女性論

‪女性社員:なぜ「入社2年目」で管理職志向を失うのか - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170716/mog/00m/040/001000c‬ 中央左の笑顔でストレッチしている女性にスポットライトが当たっているけれど、その周囲のやる気がない女性も、いい味出して…

Life to liveか、Life to surviveか。

よく行くコンビニで、店長さん(正確にはオーナー)に接客されることが良くある。 私はコンビニでも常にクレジット払いなのだが、その店長さんに2回目に接客された時に、私がクレジットを出す前に、 「お支払いはクレジットで?」 と、聞かれた。 このホスピ…

将来とは何か?

ここのところずーーーっと、「将来、どうなるべきか?」を、考えている。 今は「学習塾の講師」であるが、この職業を永続的に続けていくことについて、強いリアリティを覚えることができない。 「教え」ること、「伝え」ることはとても好きだし、ゆえにこの…

学生的自由とトレードした対象についての一考察

どうも最近、いらいらというか、フラストレーションが溜まることが多い。 学生だった去年に比べて明らかに自由な時間が減ったからだろう。 しかしその分、それなりのお金を得た。 とてもとても大事な人も得た(得た、という表現は不適切か。出逢えた、が、…

努力とは何か? 仕事とは何か?

最近、努力というものについて考える機会を得た。 努力。 努力というと幸田露伴、河井寛次郎(陶芸家。文化勲章辞退者)、そしてオードリーの若林正恭氏の言葉を想起する。 露伴は、「努力して努力する。それは真の好いものではない。努力を忘れて努力する…

「やることリスク」とは何か? ──子供達の言いまつがいについての一考察──

先日、授業の休み時間に小学4年生の女の子とこんな会話をした。 女の子「センセイっ! 何か白い紙ちょーだいっ!!」 私「ん、なんで?」 女の子「やることリスクを紙に書きたいからっ!!」 私「 (………やることリスク………???)」 女の子「そのやることリ…

頭痛と睡眠 ──『ONE PIECE』第2巻におけるゾロの一行動を参考に──

私は頭痛持ちである。 幼稚園児の頃から頭痛持ちで、時々急な頭痛に襲われては、「やれやれ。。。」の日々だ。 あまりにもひどい時は頭が割れそうで、くも膜下出血起こして死ぬんじゃないか。。。という恐怖にすら包まれる。。。 でも、「寝りゃ治る!!!…

アンドロイドになってたまるか。 ──ひとつの自然論──

名古屋に来てからしばしば思う。「…名古屋の子って、虫が苦手な子が多いな〜。。」 と。 ちなみに私は大学、大学院時代、東京にずっといたが、やはり東京の人も虫が苦手な人が多かった。 「特に害があるわけでもないのに、なんでそんなにビビるのかなぁ。。…

反復せざるを得ないものの正体とは何か?

「…なんかこの曲、何度聴いても飽きないな…」 という経験はないだろうか。 曲に限らず、本でもいいし、お菓子でもいい。 或いは人でももちろん構わない。 とにかく、なんだかよくわからないけれど、「それ(その人)」を繰り返し体験(曲だったら「聴く」、…

「仕事をする」とはどういうことか?

私は学習塾で小・中学生に英語・社会を教える仕事をしている。 今、夏期講習真っ盛りで、毎日4〜7コマ(一コマ50分だったり70分だったりする)ほど授業をする。 当然、これは傍目から見ても、子どもから見ても「仕事をしている」と見える(だろう)が、私自…

胆力。この、人生で最も大切なものについての一考察

私はよく「公開処刑」を受ける。 いかなる「処刑」かというと、それはオフィスにいる社員さん全員の前で課長に結構な声色で怒られる(叱られる)ことだ。 普通、そのような「処刑」は誰でも受けたくないだろうし、私ももちろんあまり受けたくない。 しかし…

「好き」とは何か? ──レヴィナスの他者論を参考に──

アクアタイムズの『千の夜を越えて』において、 「好きな人に好きって伝える それはこの世界で一番素敵なことさ」 という歌詞がある。 谷川俊太郎は『谷川俊太郎 質問箱』において、「誰かが誰かを好きになるということは、生きていく上で一番大切なことだ…

両想いの不可能性についての一考察

ずっと昔から、抱いている違和感がある。 「両想いって、ありえないんじゃないか?」 と。 片想いなら分かる。 それはそれは、もうハッキリと「存在」していることが認識できる。 もちろんそれは形なきものであるが、「相手」のことを想って悶えたり、或い…

「牢屋のまま歩く」とは何か

太宰治が好きだ。 と、いいつつ、太宰作品は殆ど読んだことない。 ただ、太宰の言葉がどうも「くる」ものが大いにあり、以前から自分の中に太宰を住まわしている。 特に以下の言葉が好きだ。鎖につながれたら、鎖のまま歩く。 十字架に張りつけられたら、十…

『彼女』とは何か?

先日、意中の人を水族館デートに誘った。 その日は一日中雨の予報で、降水確率も終日90%以上だったが、当日は特に雨も降らず、ただただ曇天だった。 それはいいとして、意中の人との水族館デートはあまりにも楽しく、誇張ではなく本当に一秒一秒が幸福なる…

子供たちの目の輝き、笑顔、動作、つまりは生命の歓喜についての第一考察 ──人間と人間の「間」にあるものとは何か?

教え子に小学3年生がいる。 その子は勉強を基本的に楽しそうにやるが、私に質問する際、目を見開き、うるうるとさせ、やたらうごめきながら、落ち着きのない調子となる。 わたしはその子のそのような様子を見るに付け、 「これだ、これこそがエラン・ヴィタ…

出勤とは何か?

今日は本配属初日である。 やや寝坊して、11時に起きてしまった。「い、いやそれ完全に寝坊で遅刻やんっ!」 と思われるかもしれないが、弊社の始業時間は午後からなので問題ないのである。 しかし、その分夜も遅い。 今まで寝る前にBlogを書いていたが、こ…

初聴で『ぶるっ』とくる楽曲とはなにか? ──ひとつのエヴァンゲリオン的なるものについての一考察

黒木渚「虎視眈々と淡々と」MV (Short Ver.) - YouTube 免許証の住所変更のため、クルマに乗って警察署に向かう道中、ラジオから黒木渚というアーティストの「虎視眈々と淡々と」という楽曲が流れてきた。 この曲、初めて聴いたのだが、初見(初聴)で『ぶ…

入社式とは何か? ──ひとつの社会人論

本日は入社式があった。 私は大学院出で、しかも一浪一留してしまっているので、同僚とは大体4つくらい離れている。 ただ個人的には全く年齢の差を気にしないたちであるので、気楽に話したりでき、全く問題ない。 しかし、同い年の友人たちは、フリー・アル…

数字とは何か? ──上場企業の新卒採用数を参考に

昨日、コメダ珈琲店で日経を読んでいたら、上場企業の新卒採用数のランキングが載っていたので、隅から隅まで読んでみた。 右から総数、大卒(院卒含む)、短大・専門卒、高卒、という並びだ。 カッコ内は15年卒実績で、その上は16年卒予定である。 この中…

「ゆけ、金麦」とは何か? ──ある種のフレーズがもたらす全身感動についての第一考察

昨日、名古屋に越してきた。 今日、名古屋という街を知るために電車に乗ってたら、金麦の広告が目に入った。 以前から金麦の広告が好きで、電車で目にする度にまじまじと見ているのだが、今回はこれ名作であると直観した。 上のグラフィック広告もいいのだ…

「○○らしくないよ」といった台詞についての一考察

例えばの話であるが、自分自身が何かについて悩んでいたとする。 そして、そのとこについて友人と話し、弱音を吐いたりした際に、「○○(自分自身の名前)らしくないよ。気持ち切り替えよっ!」と言われたりすることが、少なからずあると思う(私は一度もな…

「押すなよ、絶対押すなよ!」とは何か? ──ひとつの言語学的考察

昨日、「僕らの業界やったらそんなんあり得へんよ!」という決まり文句について考察したが、関連して「押すなよ、絶対に押すなよ!」という台詞についても考察したく思えてきた。 「押すなよ、絶対押すなよ!」とは、ダチョウ倶楽部の上島竜平氏の名言である…

『なにメンチ切ってんのや?』 ──「目」或いは「見る」とは何か?

「殺すか、愛すか」 最近、本屋さんやカフェの店員さんとレジで対応してもらうとき、意識的に彼らの目を見るようにしている。 「目は口ほどにモノを言う」「目は心(魂)の出どころ」と言われるように、目は語らずして「語る」からだ。 私自身はついちょっと…

「貢献」とは何か? ──3.11を想う

区役所に用があって出向いたら、入り口のところに献花台があった。 献花台の横の白いテーブルの上に白い菊の花が置いてあり、そこに喪服を着た女性二人が立っていた。 なんとなくお金はかからなそうな雰囲気であったので、献花させていただいてよろしいです…

「Nikon」とは何か ──語感の響き、或いは「なんとなく」についての一考察──

「つい」「なんとなく」惹かれて… 先のBlogでも書いたように、私は3月末までは一応「大学院生」であるが、一人暮らしのアパートを解約し、またバイトも辞め、実家に戻っているので、はっきりいってニート状態である。 というわけで、読書したり新聞読んだり…

無駄とは何か? ──iPhone5c「siri」に見られる応答を参考に──

ふとおもいついて、私のiPhone5cのsiriに「おしり」 と吹き込んでみた。 そしたらこのようなご返答をいただいた。 基本的にsiriという人格(ロボット格?)は、上品というか、気品高く礼儀正しい性格であることが確認できた。 同時に、「おしり」といわれる…

読売新聞『編集手帳』における文学的感動をもたらすものについての一考察

何の新聞を読むべきか? 最近、新聞を読みまくっている。 実家では読売新聞と河北新報を取っているのだが、個人的には前者の方が読み応えがある感じがする。 ただ、コラム(読売は「編集手帳」河北は「河北春秋」)においては、どちらとも読みごたえがあるゆ…

挨拶とは何か? 〜漫画なアヒルとガールズちゃんねるを基にした一つの自己啓発的考察〜

学ぶこと=温故知新 今朝、読売新聞を読んでいたら、挨拶や礼儀などの、人間的所作に関する子ども向けの絵本の広告を発見した。 この本では、主人公こそ人間だが、その他のキャラクターはどうやら動物らしい。 キャラクターを動物にすること、それはつまり鳥…

Amazonマーケットプレイスにおける商品説明文についての一考察

正直者はバカを見ない。それどころか・・・ 私はよくAmazonのマーケットプレイス(Amazonで本等を1円から売っていたりする業者さんたちの市場)を見るのだが、そこで面白い商品説明文を発見した。 「説明書に(中略)「バカヤロー」と落書きがあります」 と…

運転免許センターにおける『空気』についての一考察

今日という日は運転免許センターに行き、免許の更新をしてきた。 そこで、今回はそこの『空気』についてフト思うことがあったので、そのことについて書いてみようと思う。運転免許センター=世間の縮図 確か成毛眞氏だったかと思うが、氏がかつてTwitterか…

草食系男子社会学 〜ユビキタスアダルティー社会と、アイ・メディア社会の到来〜

「男は狼」なのか? 昔、恐らく90年代後半だったかと思うが、NHK教育で、夜6時から「アリス探偵局」というアニメがあった。アリス探偵局I [DVD]出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)発売日: 2013/02/21メディア: DVD購入: 59人 クリック: 4,788回この…

お墓参りとは何か? 〜ひとつの倫理学的考察〜

本日は母方の祖父のお墓参りに行ってきた。 …と、そんな冒頭から書き始めてふと思ったのだが、最近のこのBlogは、完全に日記と化しつつある…(個人的思想記にするつもりが…) ただ、曹洞宗の開祖、道元禅師は「日常がそれ即修行(修業)」とも(確か)言っ…

尻切れとんぼ的フレーズについての一考察 ーひとつの文学的、人類学的なるものー

人を「感動」させるフレーズ おととい、読売新聞を読んでいたら、以下のような記事に出くわした。 誠に衝撃を受け、「なんとかしなければならない」という義憤の念にかられたが、それ以上に、この記事内のあるフレーズに、なぜだか知らないがあまりにも「ぴ…

村上春樹氏の中に生きる『ガール』についての一考察 〜小林緑はガールの象徴なのだろうか〜

大好きな彼の、ありえない髪型 - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト 大好きな彼の、ありえない髪型 - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト 私は「村上さんのところ」が大好きで、よく見ている。 この存在ははてなのトップページで知…

1人で2人席に座ることと、2人で4人席に座ることは、どちらが罪深いか。

おそらく後者ではないかと思う。後者の場合は、話し相手がいるから、食べる時間に加算して、話す時間が生まれるからだ。どうでもよさそうなことだけど、パスカル「Pensées」においてこう言っている。「『そこはオレが日に当たる場所だ。』この一言に、全地上…

お酒か、お茶か、あるいはどちらもか。

昨日、飲み会について書いたが、小田嶋隆氏が以前こんなことをいっていたことを思い出した。酒はバカな人とも飲めるけど、お茶はバカな人とは飲めないんですよ。30分も会話がもたないでしょう?誠に至言であると思う。お酒は気分を高揚させるが、一方お茶は…

飲み会の「意味」 ー飲み会は人生の真髄、或いは縮図であるー

昨日はバイト先の飲み会があった。 僕を含めて3人が卒業するので、その追いコンみたいなものだ。 ただ私は院生で、かつプラス2年ほど遅れてしまっているので、他の同僚や後輩たちとは最大5コほども離れている。 ともすれば微妙に浮いた存在となりがちで、以…

「意味」のある資格を求めて 〜どんな資格を取るべきか〜

簿記3級の勉強をしている。DSで。正直、あまり面白い、と思えない。漢検の勉強をやっていた時はとても面白く、進んで机に向かって勉強していた昔を思い出した。しかし、簿記はどうも気が進まない。簿記は、あらゆる資格の中でおそらく最も役に立つ資格と言わ…

風邪とは何か?

Bump of Chicken - Supernova w/ English Subtitles - YouTube 風邪を引いてしまった。 寒気が強く、咳、鼻水が出て、身体も微妙にだるい。 普段ほとんど健康に留意しないが…あ、いや、とはいっても食には特に投資はしてはいるけど、それくらいだ。 そうして…

言葉とは何か? ー言葉は人を動かすことはできないのかー

私は言葉が好きだ。 フランスワーズ・サガンはかつて、 「私はこの世に存在する言葉の8、9割は好きよ。」 と語ったが、正にそんな感じだ。 しかしその一方で、言葉について非常に畏怖しているところがある。 言葉とは、良きにつけ悪しきにつけ、現実変成能…

「ごもっとも」という言葉遣いについて ー敬語についての試論ー

先日、郵便局窓口に並んでいたら、後ろに並んでいる人が電話をしていて、その人が使っている言葉に引っかかった。 「いや、確かに○○さんのおっしゃっていることはごもっともなんですけれど・・・」 「ごもっとも」。 この言葉遣いに引っかかった。 「ごもっ…

「孤独の神に選ばれたから、こんな景色の中に来た」とは何か?

昨日、BUMP OF CHICKENの「ハンマーソングと痛みの塔」を聴いてから、ずっと耳に残っている歌詞がある。「孤独の神に選ばれたから こんな景色の中に来た」という歌詞。特に、「孤独の神に選ばれた」というフレーズが、なんだかとても引っかかるというか、「…

「。」の意味 —ひとつの責任論。あるいは美学的な、風情的なもの—

不意に早朝に目覚めてしまったので、Blogを書く。 最近、といっても2、3年前から引っかかっていることがある。 Twitter、Facebook、LINE、あるいはネットの掲示板にしばしば見られることだが、 文末に「。」がない文章 が多い。 いや、正確にいうと、文末…