身体論

カラダを鍛えたい

最近、様々な所で上の「筋トレが〜」の本を目にする。 筋トレブームでもキテるのかな? この本、ちらっと読んだことがあるけど、鬱っぽくなってしまったとき、筋トレをすることでテストステロンという男性ホルモンが増えて、軽い鬱ならなおるとのことだ。 自…

齋藤孝批判、あるいは身体的センサーについての一考察

www.nikkei.com 冒頭から、 「月40時間以上の残業でも平気」 とあるけれど、そもそも彼彼女らはそれくらいの残業を経験したことがあるのだろうか? 残業には様々な種類がある。 自分の為の業務の残業であったらきっと問題ないだろうけど、あまりにも自分の能…

「よっしゃぁぁぁぁ!!!!」と叫ぶ瞬間 ────咆哮とは何か?

こんな記事を見た。 【山本昌×佐山】「この野郎」と何回思えるかが、成長のカギ つまりは、自己の身体が震え立つほどの何かしらの感動を覚えたその時にこそ、人は自らの殻を破るのだろう。 先日、ゲームセンターに行ったときに、どうしても欲しいぬいぐるみ…

「歩き方をちょっと変える」とは何か?

先日、某喫茶店にひとりでいたとき、隣の男女カップルの会話が気になった。 なぜ気になったかというと、仲が良さそうな雰囲気が一見するのだけれど、どうも男の方から商売臭がしたのだ。 何を話していたかはあんまり覚えていないけれど、ともかく何というか…

アンドロイドになってたまるか。 ──ひとつの自然論──

名古屋に来てからしばしば思う。「…名古屋の子って、虫が苦手な子が多いな〜。。」 と。 ちなみに私は大学、大学院時代、東京にずっといたが、やはり東京の人も虫が苦手な人が多かった。 「特に害があるわけでもないのに、なんでそんなにビビるのかなぁ。。…

前髪と頭痛に関するひとつの考察

私は(偏)頭痛持ちである。これは父親からの遺伝で、幼稚園児から「…おでこいたい。。。」 と、親に主張していた記憶が思い出される。 父親もひどいもので、一週間のうち、父が頭痛薬を飲まない日数の方が少ないようにも思う。 ちなみに、今飲んでいるのは…

「牢屋のまま歩く」とは何か

太宰治が好きだ。 と、いいつつ、太宰作品は殆ど読んだことない。 ただ、太宰の言葉がどうも「くる」ものが大いにあり、以前から自分の中に太宰を住まわしている。 特に以下の言葉が好きだ。鎖につながれたら、鎖のまま歩く。 十字架に張りつけられたら、十…

まさかの医療費全負担事件

名古屋に越してきて初めて病院に行ったのだが、国民健康保険は切れ、会社からの新しい健康保険は5月に付与されるため、今回なんと医療費全額負担(10割)するハメとなってしまった。 その額、なんと12,960円。 薬局でももちろん全額負担だったため、3,000円…

座学、座学、座学。そして前立腺。

入社2日目。 今日はコンプライアンス関連やマナーや、今後の研修の流れについてなど、2日連続で座学であった。 これはこれでキツイのである。「座って話聞いているだけでお給料発生するからいいじゃん!」 と思うかもしれないが、もちろんそんなことはない…

頭痛とは何か?

今、頭がいたい。 正直に言うと、今日は寝すぎたからだ。 今までもそうなのだが、寝すぎると頭が痛くなる。 なぜか? これがよくわからないのだけれど、多分同じ空間にずっといるから、二酸化炭素が充満して、それが脳や血の巡りに良くなく、結果的に頭痛を…

人生初の救急車

夕食後、あまりの力の入らなさと、少なからずの震えが生じ、まともにすたっと立って歩けず、よちよち状態になるしかない。 そんなこんなで、熱っぽくなって来、だるさも増してきたことを家族たちが見るに見かね、救急車を呼ぶこととなった やれやれ、なんだ…

まさかの前立腺炎症事件

先週の木曜日頃から、「なんか、、ぜ、前立腺あたりがしくしく痛むな。。。」 と、感じていて、今日泌尿器科にいったら、やはりのごとく炎症していた。、 今まで、こんなところ痛くなったことないのと、場所が場所なだけに、様々なる意味で「怖い」。 とも…