忍ペンまん丸が、面白い(すんごく今更だけど)

それは「不思議な」面白さだ。

 

 

この9巻自体、16年も前のものなのに、その面白さは風化しない。

 

まずこの漫画、表紙、裏表紙、カバー外した表紙、その裏表紙とで4コママンガに

なっているつくりがまずユニークだ。

 

そして内容。

 

一言で言うと動物たちの冒険マンガだけど、ほぼ、ギャグマンガだ。

ぼのぼの」で有名ないがらしみきお先生が描くものだから、もちろん

ギャグは下品なものとならず、非常にシュールかつどストレートなもので、

かつ田舎くさく、それでいて本質をついているようで、また要所要所に

「遊び」の思いつきが、主人公のまん丸(ベンギン)によってなされ、

都会で暮らすものとしては、

 

「あっ、都会で暮らしていると、「遊び」自体がすでに与えられているもので、

こうやって創造することがないな。。。」

 

と、思い知る。

 

まん丸の言動は先輩忍者のタヌ太郎(たぬき)やツネ次郎(きつね)をいつだって振り回す存在であるが、それが物語を何よりも面白くしているものとなっている。

 

まん丸はそうだ、言うなれば「トリックスター」なのだ。

 

言い方はあれだが、つまり秩序の破壊(混乱)者なのだ。

 

そのような存在は大事であるよと、いがらしみきお先生は、まん丸に、

そして作品全てに混めたのかもしれない。