読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2014年の最も美しい顔100人が発表」美人とは何か? 〜桐谷美玲から橋本治まで〜


「2014年の最も美しい顔100人」が発表 日本からランクインしたのは......【画像集】

 

初めて知りました。こんなコンテストがあったことは。

 

いやしかし、ふと思うのは

 

そもそも「美しい」って、何?

 

というところですよね。

 

いや、確かに、「あ〜この花きれいだな〜」とか、「この人美しいガール(もしくはレイディ)だなぁ〜」と、思ったり口に出したりすることは日常茶飯事ですよね。

 

でも、でもですよ、よぉ〜く考えてみると、なんで「美しい」って、自分は「分かる」のでしょうかね。。。

 

「整頓されてる」とか、「狭い」とかが理解できるのは分かります。

 

でも、なんで「美しい」が分かるのか。

 

そういえば小説家の橋本治が、「人はなぜ美しいが分かるのか」という新書を出していました。

 

 

橋本治は、この本を書きながら、読者と一緒になって「美しい」を考えていく、という形式で論を進めていて、最初から橋本も「美しい」を分かっている訳ではないことが、読んでいると分かる。

 

実際、この本の一行目の終わりに、

「ひとはなんで美しいが分かるのでしょう?」

といっておきながら、次の行で

「知りません。」

といってのけている。

 

私はここで笑い、吹き出してしまったのだが、ここに橋本治の、小説家としての「力」を感じた。

 

そのとき、その瞬間だけの、唯一無二的なるものが生成されつつある瞬間にたちあったような、橋本治が自分「だけに」語りかけてくるような文体。

 

それは太宰治のそれを彷彿とさせる。

 

「美しいとはなにか」の話をしているところだった。

 

結局のところ、私もよく分からない。

 

しかし、「よく分からない」ことがあるからこそ、この世界は「面白い」のではないだろうか。