読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッチのときに思っていること 〜ガールズちゃんねるを元にしたひとつの女子論〜

思考実験 ニュース

f:id:sukosimo_samuku_nice:20150107153541j:plain 

 

ガールズちゃんねるという、女子専門の2ちゃんねるのような掲示板があります。

 

私は男ですが、「女子(ガール)とは何か?」ということについて知りたいため、ちょくちょく見ています(書き込みはしませんが)。

 

そこで、今回おもしろいトピックを発見しました。それが以下のトピックです。

 

【下ネタ注意】エッチのとき思っていること。 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

一読して、「あ、意外と『気持ちいい』と思っている人は少ないんだな…」と、少なからずビックリしました。

それ以前に、このトピックについて『下ネタ注意』という注意書きがなされていたこと。

この点から、女子とは、男子とは違い、下ネタに寛容な人はそう多くはないのかな、と、推察する。

これが2ちゃんねるだったら、まずこのような注意書きはなされないだろう。

思うに、女子とは、「性」について、そもそもの始めから完全に受動的な存在だからではないか。

それは「身ごもる」という点において特にそういえるだろう。

一方男子とは「発散」せずにはいられない存在であり、この点、女子とは真逆に、そもそもの初めから能動的な存在であるゆえ、「性」というものに関しても寛容であるのではないだろうか。

 

ところで、このトピックのなかで、とてもグッきた書き込みをみた。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20150107154825j:plain
 
私がグッときたのは32の
「今変な顔してないかな、顔見られたくないな」
という書き込みである。
 
一読して、「これは…!!」と直感した。
 
これはまるで、恋愛小説、純文学において十分に「存在しえる」一文であると感じたからだ。
 
つまり、この一文を読んだだけで、その前後の恋愛的場面を想起せざるを得ない錯覚に陥ったからだ。まるで秀逸なキャッチコピーである。
 
このような文は、まず男には書けないだろうな、とまた思った。
 
つまり、この一文から一種の感動と絶望を一気に受け取ったように思えたのだ。言葉の力、つまり言霊というものは、これ想像以上に凄まじいものだな、と、また思った。
同時に、女子とは、男子が決して到達しえない境地に立つ存在であると思った。