ほんやくコンニャクとは何か。〜語学の意義とは〜


ほんやくコンニャク実現か、グーグルが同時翻訳アプリを発表 - iPhone Mania


Google先生が通訳のお仕事までも奪う時代が来るというのでしょうか。

いやしかし、「それはない」と思います。完全には。

言語とは飽くまでも生成的なもので、その場その時で言葉の意味が変わるということが充分にあり得ると思うのです。

ゆえに、僕らは英語を勉強する意味意義はある、と思うのです。

更にいうと、英語を学ぶ意味意義は、「他者」を理解することにあるのではないかと思う。

英語を学ぶことは、何もテストや学歴や資格や仕事や年収アップのためでは決してなく、自分と全く「他」なる人を「想う」ためなのではないかと。

それはもしかしたら、英語ばかりか、日本語、母国語にも言えることではないかと思う。

つまり「この人が言っていることは、もしかしたら他の意味にもとれるのではないか?」という、他者への踏み込み、配慮、気遣いをすることを学ぶというところに、「語学」を学ぶ意味意義があるのではないかと思った。