「村上さんのところ」論

はてなブログのトップページに毎回「村上さんのところ」が出てくるので、毎回みている。

そこで昨日、ふっと気になったフレーズがあった。

それは、「幽霊をみたことがありますか?」の質問で出てきた。

僕は「呪われた血とか呪われた場所」みたいなものとは、これまでのところ無縁に生きてきたような気がします。幽霊もきちんとは見たことがありません。幸いなことに……というべきなのでしょうが。でもそういうものが存在する(だろう)ということは理解できます。いろんなことがうまく行くといいですね。

村上春樹拝 

先ず気になった点は、署名の最後に『』を入れているところだ。

この一文字に、村上春樹氏のクライアントフレンドリーさを、他者に対する優しさをかいま見ることができ、はじめて「村上さんのところ」に訪れた際はグッときた。

そして、なんといってもぐっときたところは、

いろんなことがうまく行くといいですね。

という一文。

なぜこの一文がぴょこっとでできたのか、前の文章の流れから考えてもよくわからないのだが、それが小説家の真髄、或いは「力」のようにも思う。

いろんなことがうまく行くといいですね。」

いやしかし、これも先に挙げた、「拝」同様、クライアントフレンドリーに満ちた一文なのでありましょう。

その「他者に対する優しさ」が根底にあるからこそ、村上春樹氏は大作家として名を挙げたのではないか、と思われてならない。