読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックオフの買取価格

企業

 ここのところ、引っ越し準備のため、ブックオフに本やCDをひたすら買い取ってもらっており、なんだかんだで本は400冊ほど買い取ってもらった。

 概算だが、大体トータルで2万円は超えたかと思う。

 つまり、一冊平均50円くらいだ。

 これ、ブックオフで働いていた友人曰く、50円で買い取ってもらえるというのは、かなり良い方であるらしい。

 ブックオフは、商品の希少価値・市場価値などはとりあえずシカトし、「ともかく状態が良いか」という点が主たる基準となるらしい。

 ブックオフの友人曰く、以前に夏目漱石の「坊ちゃん」か「吾輩は猫である」の初版本が売られにきたことがあるらしいが、状態が悪かったらしく(?)、結局廃棄されることとなったらしい。

 おそらくその本を神田神保町の古書店に持って行けば、きっと高値で買い取ってもらえたに違いあるまい。

 やはり、本を売る際は、どんな本を、どこで売るか、を、先ずもって考える必要があろう。

 ちなみに、私は一ヶ月ほど前まで、ブックオフで売れないような状態の悪いものでも、市場価値が高いものは、Amazonマーケットプレイスで販売をしていた。

 なぜなら、そちらの場合だと自分が買い取ってもらう立場から、商品を販売するお店、という立場になるゆえに、自分で値付けをすることができるのだ。

 しかし、この場合は相場を考慮したうえで、ということであるが、モノによってはブックオフで買い取ってもらえるよりも2桁、或いは3桁も高く売ることができる。

 これが、Amazonで販売するメリットである。

 しかし、デメリットは「いつ売れるかわからない」ということだ。

 更に、自分で梱包、発送作業をしなければならないため、まさに「仕事」となる点だ。

 これを「面倒くさい」と思うか、「仕事としてやりがいを感じる」かどうかは人それぞれである(私はどちらかというと後者である)。

 ゆえに、引っ越しが迫っている私としては、ブックオフを選んだ。

 400冊近く売ってみて分かったのだが、本の場合は、おそらく最高で500円、最低で5円で買い取ってもらえるようである。

 ちなみに、以下の商品は500円で買い取っていただいた(場所は新宿西口店である)。

 状態は良かったとはいえ、

ヘブライ語を勉強する人って少なからずいるのかなぁ…」と、思わずに言われなかった。

 画像をクリックしていただければ分かるが、Amazonで売った方が断然高く売れるのである。

 ただしかし、いつ売れるか、が、やはり問題である。

 しかし、その不安をも抱いて生きる、ことが、もしかすると商売をすることの醍醐味なのかもしれない。

 そこから、いかなる工夫をして、早く、かつ多く、そしてできる限り高く売る、という三拍子を実現できようか、という思考実験、行動実験を繰り返すこと、それが商売人が商売人たるべき最終根拠ではないだろうか。