読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タリーズにおけるフレンドリー・ツンツン的雰囲気についての試論

f:id:sukosimo_samuku_nice:20150218100458j:plain

 

 昨日、タリーズに行った。

 タリーズの店内は、スタバ同様に茶色を基調とした、ほんわかあったかで、かつシャレ乙というか、良き北欧の家庭的雰囲気がした。

 レジに向かうと、クルー(?)は僕に、

こんにちわぁ!!^^

 と言う。

 とりあえず僕も「こんにちわ」と返事をする。

「いらっしゃいませ」ではないのだ。

 この挨拶は、タリーズとスタバにしか見られないものである。

 ここでタリーズが「こんにちわ!」というのは、ひとつのフレンドリネスである。

「お客様に召し使える」

 というあり方では決してなく、飽くまでも対等な感じの、

「私はあなたと友達だよ。『一度あったら友達で、毎日あったら兄弟さ』なんて唄う唄もあったじゃない?^^」

 という心構えである(と思う)。

 しかしもちろん、根底には礼節的精神がみられるので、「なれなれしい」というものではない。

 そこである。

 一見したところ、確かにフレンドリネスを感じるのであるが、そんな店員に対して、客であるこちらからはあまり、なにかグイグイいけない感じが、なんとなくするのである。

 いや、ただの被害妄想なのかもしれない。

 しかし、店員さんたちは客応対をしていない際は常にきびきびとして、またフェイスも真剣そのものである。

 そこに、客がつけいる(?)隙がどうも感じられないのだ。

 つまり、自己に対しては「ツンツン」している感があるゆえに、つけいる(?)隙が見られない。

 そのようなタリーズの店員さんたちの一連のアティチュードを、私は、

「フレンドリー・ツンツン的雰囲気」

 と、呼びたい。

 他者には優しく寛容でほんわかあったかなる雰囲気であるが、自己には徹底的なる錬磨を課し、いかなる妥協をも許さない雰囲気。

 このフレンドリー・ツンツンは、接客業に従事する者においては必須の資質なのかもしれない、と思われた。