読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

支那そばや本店 〜佐野実を偲ぶ〜

人物
 今日はふと思い立ち、戸塚駅から歩いてすぐのところの、支那そばや本店に行ってきた。
f:id:sukosimo_samuku_nice:20150226145435j:plain

 かつて、2000年ごろだと思うが、『ガチンコ!ラーメン道』という番組があったのをご存知だろうか。
 当時私は小学生で、その番組はたまにしか見れなかったが、そこでの主人公というか、指導者である佐野実に対しては、

「…なんか怖くて、近寄りがたいおじさんだな……(^_^;)」

 という印象をずっと抱いていた。
 ただ、佐野実の作るラーメンについての興味は強く、いつか食べてみたい、と、当時からずっと思っていた。

 そしてそれから10余年。
 とうとう支那そばや本店に来ることができた。
f:id:sukosimo_samuku_nice:20150226145927j:plain
 今となっては故人となってしまった佐野実
 大変残念ではあるけれども、味は継承されていると信じ、入店。
 とても美味しかった。
 やや麺が柔らかくまた細くて、そこだけがとても勿体無いな、と思われたが、それ以外は素晴らしかった。
 一番スタンダードだと思われる醤油ラーメンを注文したのだが、そこにはチャーシューが2枚入っていて、またシナチクが一般的な形ではなく、まさにタケノコ的な形をしていて、見るのにも美味しいラーメンだな、と思われた。

 食べ終わって、御手洗いに行く。
 個人的な信念として、飲食店で最も重要な点のひとつに御手洗いの清潔さが、あると思う。
 支那そばや本店のトイレはとても綺麗だった。
 やはり、佐野実の美学は、こういったところにも行き届いているのだな、と思わずにいられなかった。
 また、御手洗いは二階にあったのだが、その隣に製麺室があり、またそこはガラス張りとなっているため、外から見学できる形になっていた。
 このように製麺室がドーンと、外から見えるラーメン屋は初めてで、いささかならぬ感動を覚えた。
 おそらく、こういったところにも、佐野実の美学というか、一種の遊びゴコロがあるのではないだろうか。

 支那そばや本店は、他にも味噌や塩もあった。
 機会があればまた来たいと思った。

 P.S.以下の佐野実の言葉は、まさに佐野実の哲学、世界観を表しめたものなのだろう。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20150226151229j:plain