読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運転免許センターにおける『空気』についての一考察

思考実験
 今日という日は運転免許センターに行き、免許の更新をしてきた。

 そこで、今回はそこの『空気』についてフト思うことがあったので、そのことについて書いてみようと思う。

運転免許センター=世間の縮図

 確か成毛眞氏だったかと思うが、氏がかつてTwitterかあるいは自著で以下のようなことを語った。
先日、免許の更新のために運転免許センターに行ったんだけど、あそこはまるで現代日本の、世間の縮図だね。待ち時間に本を読んでいる人が殆どいないんだよ。

  この成毛氏の言葉を、今日運転免許センターで思い知った感があった。

 運転免許センターに来るのは免許を有する老若男女である。

 また、当然のように様々な職業、社会身分の老若男女である。

 マイルド(ワイルド?)ヤンキーから、せわしなく電話がかかってくるビジネスパースンまで。

 そしてまた、内面的なところ、つまり趣味趣向、生き方も全く異なる老若男女が、一堂に会する時である。

 そんなこといちいち考えもしなかったが、今回免許の更新に来て、急に成毛氏の言葉を思い出し、なんとも感慨深い思いに駆られた。

 そんな運転免許センターの『空気』は、なんともいえない、不思議な、混沌としたものであった。

 ここでまた重要なのは、それぞれお互いが『赤の他人』であるということだ。

 免許の更新というのは、あくまで個人的なもので、友達と行くようなものではない。

 ゆえに、人間は沢山いるのに、人間個々としては独立しているというか、孤独なのである。

 これが、なんともいえない『空気』を出している。

 哲学者の三木清は、自著『人生論ノート』において、こう綴る。

孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのでなく、大勢の人間の「間」にある。

 まさに、運転免許センターにおいて三木清のこの言葉をも思い知ったのだった。


運転免許センター=マジで空気(の循環)が悪い

 それと、運転免許センターで、これは文字通り身体をもって思い知ったことであるが、非常に空気が、悪い。

 私のいった宮城県運転免許センターは天井が低く、特に広くもない。

 それでいて、とても多くの人がそこに集い、短くない時間をそこでそこで過ごさなければならないのである。

 私は5歳頃から偏頭痛持ちで、何か妙にイライラしたり、空気が悪いところにいると、すぐ頭が痛くなる。

 今回は完全に後者のパターンに引っかかった。

 そうして私は今、おでこに熱さまシート的なものを貼って、寝床であおむけになってBlogを書いているのである。

 今度からはマスクをしていこう。そう、今回は学習したのであった。