読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスバーガーについての一考察

モスバーガー仙台駅西口店

 モスバーガー仙台駅西口店は店員さんが全員女性だった。
 時間帯も昼下がりだったためか、お客さんの8.9割は女性だった。
 店内は清潔感にあふれ、お冷もセルフ・サーヴィスで飲み放題である。
 お冷サーヴィスは、嬉しい。
 全てのカフェがそうなって欲しいと思うのだが、そうならないのはなぜだろうか?
 セルフ・サーヴィスは飽くまでも「客にやらせる」ことだから、ホスピタリティーを重視するスタバやタリーズは行っていないということかな、と推察する。
 更にこのモスバーガーは喫煙スペースがある。
 喫煙室ではない、喫煙スペースだ。
 広さは3畳もないほとであるが、喫煙スペースを完全に排除したマクドと比して、この配慮は大切だろう。

モスバーガー国領店

 ところで、私が知るかぎり、最も喫煙室が広いモスバーガーは、国領店である(東京都調布市)。
 ここは驚くべきことに、喫煙室と禁煙室の広さがほぼ一緒なのだ。
 調布市国領には喫煙者が多いのだろうか?
 いま、モスバーガーは緑モス路線というか、クリーンなイメージを従来よりも強調し、例えば喫煙室(スペース)の削減などに取り組んでいるらしいが、国領店はまさに本部のアンチ・テーゼな店舗といっても過言ではないだらう。
 しかし、国領店の喫煙室は、私自身3回ほど行ったことがあるが、いつも禁煙室よりもお客さんの数は多かったと記憶している。
 喫煙者に優しく、かつ喫煙者に愛されているモスバーガー国領店。
 こういった「例外」を認める柔軟性は、企業経営において重要ではないかと思われた。

モスバーガーの名札はなぜ本名制なのか?

 そういえば、モスバーガーの店員さんの名札は、なんとフル・ネーム記載なのだ。
 普通、苗字だけだったり、あるいはニックネームだったりする名札だが、モスバーガーは本名制なのだ。
 これ、もしうっかりお客さんに記憶され、ググられ、FacebookTwitterで特定されたら、少なからず「怖い」ものがあるだろう。
 特にモスバーガーでは年頃の女の子が働いていることが多いから、ネット・ストーカーなどされてうっかり身元特定されかねない。
 そんなリスクがあることが十分予見可能でありながら、なぜモスバーガーの名札は本名制なのか?
 …ちょっと推理してみる。
 …分かった。
 おそらく、名札を本名制にすることで、店長ばかりか、学生アルバイトを含めた従業員みんなに「責任感」を持ってもらうためではないかと思う。
 責任感。
 つまり、
私は私が与えられた仕事について出来る限りのベストを尽くし、すぐ「上」に責任転嫁しませんから、『この私』に、何なりとお申し付けください!
 という心構えを、従業員みんなに持ってもらうためではないだろうか。
 別な視点からいうと、
本名をお客様に晒している都合上、ふざけたことはできない。しっかり仕事をするんだ。」
 ということを思わせることが目的ではないかと推理する。
 答えはモスバーガーお客様センターに聞いてみないと分からないが、責任感という点については、そんなに外れてはいないようにも思う。
自分の名前において仕事をすること」。
 これが仕事の本質なのだよ、と、今日はモスバーガーから教わった思いがした。