「仕事ができる」とは何か?

 給与振込口座を始め、クレジットの引き落とし口座としてみずほ銀行を私はメインバンクとしている。
 しかし、名古屋には極めてみずほは少ない。
 ゆえに、みずほから引き出す際はコンビニ銀行を利用するハメになっており、今日は用があって引き出したら手数料216円もかかってしまった。
 土曜日だったとはいえしかし、ATMの手数料というものはネックなものである。
 そんなことを思っていたら、みずほには「みずほマイレージクラブ」というものがあり、年会費無料でATMを(コンビニでも)月4回まで手数料無料で利用できる制度があると、セブン銀行の表示画面で知った。
「これは」
 と思い、家に帰って早速ネットで入会手続きをしたのだが、どうやら強制的にクレジット機能がついてくるキャッシュカードに新しくしなければならないらしい。
「なんだ、この抱き合わせ商法は。。。」
 と思いつつも、手数料無料のメリットにはそそられてしまうので、セゾンアメックス付きのを申し込んだ。
 私はクレジットカードが大好きで、たとえコンビニで100円の支払いでもカードを使う人間である。
 今まではVISA、マスター、JCBと所有して来たが、アメックスは初めでなので、このクレカ付帯は返って嬉しかった。
 さらに、このカードは年会費無料なのがまた嬉しい。
 普通、アメックスは絶対に年会費がかかり、その上非常にそれは高いのだが、これは無料である。
「ふぅむ…抱き合わせ商法も…悪くないかもな…。」
 そう考え直した。

 そんなことを思い、申し込んだ訳だが、なんとカードに発行には3、4週間ほどもかかるらしい。
 これには愕然とした。
 普通、クレジットの発行には1週間かかるかかからないか、である。
 いくらゴールデン・ウィークを挟むからといって、
「これはちょっと…」
 と思わずにいられなかった。
 これでは、ATM手数料無料のメリットを享受できるのは早くても3週間後ということである。
 これは正直申し上げて、「仕事が遅い」感がある。
 ATM手数料無料、そして年会費無料のアメックス付き、というサービスは本当に素晴らしいし、「いい仕事」だと強く思う。
 しかし、そのデリバリーという仕事については…ちょっと…正直がっかりである。
 高品質なサービスだけでなく、迅速な対応があってこそ、「仕事ができる」ということなのではないか、と思われた今日この頃であった。