読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服とは何か?

 今日(昨日)、なんとなく就活の時きていたリクルート・スーツで勤務してみたのだが、終始気持ちに「張り」が出なかった。
 やはり、立場が変わったら、着るものを変えるべきなのかもしれない。
 聞いた話によると、新入社員の着るスーツは高くても4万円だか、部長や役員の着るスーツはせめて8万円くらいのものであることが望ましいとのこと(president誌参考)。
 これは一種のスーツ業界からの受け売り的なものかとも思われるが、しかし立場や地位、つまり分限や分際を考えた時、「それなりの」ものを着ていなければ、第一印象として、

「…ちょっと、、大丈夫なのかな…?」

 と、先方から思われるリスクもあるだろう。
 そういった誤解を防ぐためにも、やはり自分の分限、分際を考慮した上での「いいもの」「最適なもの」を着ることが、周囲のためばかりか、自己の気持ちに「張り」をもたらすうえでも大事なのではないだろうか。

 結論として、服とは自己の気持ちと社会的立場を表明するものではないか、と私は考える。