自己評価並びに他者評価についての一考察

 今日の業務について課長に報告の電話をした際、ひとつ叱られたことがあった。
 しかしそのご指摘は「ハッ!」と、目の覚めるような思いをしたものだった。
 つまり、こんな風に叱られた。

「キミね、今日の失敗した点を最初に言ってから『しかし今日この点良かったです!』というのは、社会人としてナシやで。その言い方やと悪い点を隠蔽してるみたいやん。だから報告の際は良い点を先に言って、悪い点を最後に言えよ。」

 と。
 全く仰る通りだと思い、また同時に「感動」すらした。
 また、上のようにお叱りを受けて一つ思いついた。
 今度逆に、他者を評価する場合は、先ず悪い点を指摘し、最後に良かった点を言うべきではないかと。

 まとめると、
  • 自己評価をする際は「良→悪」
  • 他者評価をする際は「悪→良」
 この順で評価する、と。
 これが人間が人間的に…というと行き過ぎだが、社会人が社会人的であるために心掛けるべき点なのかもしれない、と思い知った。