仕事の手の抜きどころはどこか?

最近いろいろと「全力疾走」すぎる感があり、身体的にも霊的にも、

「…これは、どこかでマズいことになりそうだな。。」

 と思うときがしばしばある。

 ずっと一本調子だと、どこかでガタがくる。

 だから、要所は全力でいき、どうでもいいところ、仕事上の優先順位が低い作業については「手抜き」を敢えてするひつようがあるのではないか? とふと思った。

 私の生業に照らし合わせてみると、授業には全力で心血を注ぎ、例えば掃除などは「手抜き」をしてもいいかな、と思う(ただ、その代わり小まめにやる必要があるだろう)。

 極端なことを言うと、私は授業とその準備以外はあまりやりたいと思わない。

 無論その願いは届かないのだが、「それ以外」をすべてアウトソーシングすれば、教師はより「教師的」となって専門性が高まり、より質の高い授業ができるはずである。

 教師が「いろいろなことをやりすぎる」と、本分である授業が疎かになる。

 ゆえに、掃除や書類作成や電話応対などはすべてアウトソーシングして、授業に特化すれば、現場の社員が疲弊して離職率が上がってしまうことを防ぐことができるのではないだろうか。

 教育業界は離職率が特に高い業界の一というが、その所以は現場社員たちが「いろいろなことをやりすぎる」からだろう。

 専門以外の仕事にはお金を払ってでも、思い切って「パス」をすること。

 そして自分だけの「ここは他の誰にも負けない(負けたくない)もの」を、とことん極めること。

 つまり「そこ」に徹底してお金と時間を投資する、というシステムが浸透すること。

 これが、教育業界再生のキーポイントではないか、と、塾講師1年目の私なんかは思うのである。