読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスとは何か?

 

 今日もいろいろとミスをやらかして、課長のお二人からありがたいお説教を頂戴した。

 もちろんミスをしようとしてミスをしているわけではないが、どうも私は他の新人と比してミスが多いかな…と自覚している。

 他の新人が学部卒ストレートである一方、私は院卒プラス一浪一留で4歳も年が上なのにも関わらず、このていたらくである。

やれやれ、情けないものだ。

 …と、客観的には思うが、しかし主観的にはこれは一つの「誇り」であると考えている。

 叱られることが多い、ということは、それつまり「お前はもっともっと成長するよ」という激励の裏返しである。

 ゆえに「まだ先は長いよ」(『高架線』/ELLEGARDEN)ということだ。

 これは自分にとっては絶対的な希望である。

 人生は長期戦だ。

 1年後、3年後、5年後、10年後、15年後、20年後、30年後、50年後、そして99年後*1に自分はどうなっているかが毎日愉しみでしようがなく、そこがいわば私の生きる意味意義である。

 

 話を「私がよく叱られること」に戻すが、その要因ははっきりしている。

 私が「頑固」かつ「自分勝手」すぎて上司の言うことを100%飲み込まないからだ。

 全く飲み込まない訳ではないが、それが100%でない。

 つまり「言われたことを確実にそのまま」しないで、どこかちょっと自分なりの工夫応用をついつい、どうしてもしてしまう『遊び心』があるのだ。

 ゆえに上司からよく叱られるのだが、自分自身としては「現場」を、つまり私の生業でいうところの授業、講義をすることを、私は他の新人の誰よりも、或いは自社の全社員よりも愉しんでいると思う。

 この『愉しむ』ことにおいては、他の誰にも負けない自信がある。

 孔子は、

「あることを知っている(だけの)人はそれを好きな人に及ばない。それを好き(なだけ)のひとは、それを愉しんでいる人には及ばない」

といっている。

 また、佐藤一斎も、

「自分が感動して初めて、人を動かすことができる」

といっている。

 まだまだ授業スキル面で至らないところが多いが、私はこの二者の言葉を心から信じて、これからも教師という仕事に邁進してゆきたく思ふ。

*1:私は125歳まで生きたいと思っている。なぜならば生物は成長期の5倍が寿命であり、人間の成長期は25歳だから、その5倍の125歳まで生きられる、と大隈重信が行っていたからである(ただ、大隈はそれを実証できず、80代でこの世を去ってしまったが)。