爆笑とは何か? 「変わってる」とは何か?

 昨日は会社の飲み会があったわけだか、私はそこで盛大にいじられ、また盛大に笑いを取ることができた。

 正確に言うと「笑われた」ともいえるが、私は「笑」というものがどのように生まれようが、自己がきっかけとして発生したものであるならば、それは「笑いを取っ」た、といえると解釈している。

 どういうことで笑いをとったかというと、私の海老の食べ方である。

 周囲の諸先輩がたや同僚は海老の尻尾部分を食べる際、殻を向いて食べていたのだが、私の場合は殻を向かないでそのままバリバリ食べていた点を「発掘」され、爆笑を頂戴した。

 また、その理由を聞かれた際、

「いや、歯ごたえが良くてカルシウムが取れますので。。。」

 と応えたら更なる大爆笑を頂戴した。

 正直、なにが面白いのかよくわからないのだが、結果として笑いが生まれたのは良かった。

 …というか、みんな海老の殻食べないんだな。。。

 まぁそこはいいとして、「変わってること」「特殊であること」はコンテンツとして充分に価値がある、ということが再確認できた。

「No. 1よりOnly. 1」と歌った歌もあったが、Only. 1はOnly. 1でも、周囲が

「……?!(笑)」

 と思うくらいのものであって初めてOnly. 1という価値が出るのではないかと思った。