読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『会いたい』切なさは彼女と自分を繋ぐか?

 非常にクタクタになって家に帰ってきた。

 正直言って、今まで仕事でこれほどまでに疲れて帰ってきたことはない( 特に肉体労働をしたわけでもないのに)。

 その上さらに、持病の頭痛が痛い。ガンガンと。

 やれやれ。

 そして今、何と言っても彼女に会いたい。

 こんな日には優しく癒してほしい、と思う。

 ……こんなこというと恥ずかしすぎるが、Blogだと何だかいつも素直に書けるので、さらに思うままに書く。

 もはや、同棲したい、と思うくらいに彼女が愛おしいのである。

愛おしい。

…誠に照れくさい言葉である。

しかし、今私が有している語彙の中で、「愛おしい」を使うことが精一杯である。

 ともあれ、会えない夜が1日でもあると、寂しい、というのも、まぁあるのだが、違和感がものすごい。

 「あれ、なんでいないの?(会えないの?)」

という感覚である。

 …誠に彼女に依存(いそん)していると思う。

 しかし、これほどまでに引(惹)きつけられるということは、その対象が自分の人生において非常に、破格なまでに「意味がある」からではないだろうか。

 私にとって彼女がそうであるし、また読書や音楽鑑賞がそうである。

 『彼ら』に出会い続けることが、自分にとっての生きる意味なのではないか、と信じて。