読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人と違うこと=価値がある(かもしれない)

ライフハック
 私は財布、現金が苦手である。

 財布はしばしば重くなりがちで、現金、特に硬貨はジャラジャラモサモサしがちで苦手だ。

 だから私はマネークリップにお札とカードを挟み、それとは別に小さい小さい小銭入れを持っている。

 この点について周囲から珍しがられる。

 ある時には「品がない」とか「露骨」とか言われるが、全く気にしていない。

 マネークリップを使うのは、もんのすごく軽い(=スマート)というのももちろんあるが、正直申し上げて一番の理由は、

「周囲の人(レストラン等で会計が先だったりした他人も含む)がマネークリップを使っているのを見たことがない」
 
 からである。

 つまり、「人と違う」からだ。

 一般論ではないと思うが、私は信念(?)として、

「人と違うところに価値(将来的なのも含む)がある(ハズ)」

 と考えている。

  例の名言、「人の行く裏に道あり花の山」

  ではないが、これはひとつの『戦略』としては大変肝要なものと私は思えてならない。