「何かやることないですか?」=仕事の本質

先日、小学生に授業をして、休み時間にある小学生がこう話しかけてきた。

「先生、何かやることないですか? 黒板消しましょうか?」

私は大変驚愕した。
この一言は、大人でもなかなか言えないことだ。
 事実、私はつい最近でこの一言はどうも恥ずかしくて言えなかった。
 この小学生の積極性には感服した。
 この子は、将来仮に志望校に受からなくても、必ずやいい仕事をする人だ、と確信した。