『胃が痛い? それは胃の筋トレだよ。』

 おとといくらいから風邪をひいていて、ついに今朝から声が完全にガラガラ声となった。

 それでいて、なかなかろれつが回らない。

 そんなもんだから、けっこう周りの人から笑われたりした。

 こっちは完全なまでに不調なわけだが、その不調さを嘲笑されたりするわけである(嘲笑まではいかないかもしれないが)。

 やれやれ。

 この非対称性について、やはり頭や胃が「ムカッ」としたりする。

 しかし、こんな名言がある。

『胃が痛い? それは胃の筋トレだよ。』

 これは宋文洲氏がぽろっとTwitterで、確かに5年くらい前にtweetしたことだが、今でも覚えてるということは、これは自分の人生におけるkey wordだと信じている。

 今回のこの非対称性については、これ胃の筋トレと捉え、これからますます剛胆となっていい仕事をしていきたいと思ふ。

 また、この非対称性について、そもそも嘲笑されているその瞬間も、私には給料が発生している。

 ある意味したたか(?)な考えかもしれないが、「まぁ、笑われることも仕事のうちやな!」と、開き直る気概が必要であろう。「お金もらえるし」と。

「厚顔」のススメ (小学館101新書)

「厚顔」のススメ (小学館101新書)