商売の本質は人なり(と思う)。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20160131000230j:image


 先日仕事帰りに、

「…なんかローソンのおでんが食べたいな…」

 と、ふと思い、ローソンに寄った。

 なぜローソンのおでんか、というと、ローソンのおでんはジャガイモであったり、ロールキャベツであったり、他のコンビニには見られないラインナップであるからだ。

 「ここにしかない」というのは、企業が生き残るために最も重要なことだ。

 それはいいとして、帰り道のローソンに寄り、おでんコーナーを見てたら、なんだか店員がおでんの前で仁王立ちをし始めた。

 「…なんか見てていづらいな…」

と、思った。

 店員からしたらすぐさま客に対応するためだとは思うけれど。

 とりあえず一旦その場所を離れ、他の棚を見てから、またおでんコーナーに戻ったら、先ほどおでん前で仁王立ちしていた店員さんが、他の店員さんと態度悪い感じで談笑をしていた。

 それはまぁいいとして、次の行為が許すことができないものだった。

 その店員さんはその刹那、

「げふっ」

 と、ゲップをしたのだ。

 私は、

「…うわっ…」

 と、思い、買うのを止めて、店を出た。。。。。。。。。。。。


 このことから、いくら商品がいいものだとしても、それを提供する人間が「ちゃんと」していなければ、それを購入し、そしてそれをリピートすることはないのではないか、と思われた。

 言い換えると、商売の本質は、商品よりもそれを提供する人間がどう振る舞うか、というところではないか、と思われた。

 だから、詐欺師、という商売が存在するのかな、と思う。
 商品がいかにもダメダメでも、詐欺師の口のうまさに乗せられて買う、ということが撲滅しないように。

 今回の「ゲップ事件」をきっかけとして、今後の仕事へさらに邁進していこうと思ったのだ。