仕事が忙しい(?)

 2年目となり、業務繁忙につき、平均して毎日2時間以上残業している。

 今日に至っては、3時間以上だ。

 もちろんこれは自主残業なので、残業代は発生しない。

 その点、当初は不平不満に思っていたが、最近は、

「若い時の苦労は買ってでもしろ、っていうから、まぁいいか。」

と、いい意味で?開き直っている。

 そもそもなぜこんなに忙しくなったかというと、ウチが若い人材にはどんどん仕事を任す風潮があるからだ。

 その点を裏返せば、若い人材をこき使い、搾取、とまではいかないが、過重労働を強いている、といえる。

 成毛眞も「本は10冊同時に読め!」あたりで言っていたが、

当社が成長しているのは、労組が聞いたら大変なことになるが、若い人材に過重労働を強いているからだ。

といった旨のことを豪語していた。

 当時この箇所を読んだとき、とんでもない経営者だな、と思ったが、
やる気のある若い人材からしたら、それはとてもありがたいことで、むしろどんどん仕事くださいよ!!!!という思いではないだろうか、と感じた。

 マッキンゼー出身の芸人さん(名前忘れた)がおっしゃっていたが、マッキンゼーというところは、

42キロのマラソンを、常に100m全力疾走しているような感覚を持つフィールド

らしい。

 言い換えると、ここは世界トップのコンサルなので、とんでもない過重労働を強いる会社なのだろう。

でも、マッキンゼー出身(卒業)者は、得てしてマッキンゼーに対して好印象を持っている。

 ということは、過重労働を強いる会社が、必ずしもブラック企業とは言えないのではないか、と思うのだ。

 要するに、めちゃめちゃ働かせる(働かなきゃいけない)環境がある会社というのは、働きたい人、またはその仕事が大好きな人にとっては、超絶ホワイト企業ではないだろうか。

…何を言いたいのかわからなくなってきたが、、
 つまり私は私の仕事が好きだ、ということである。