読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来とは何か?

仕事 思考実験
ここのところずーーーっと、

「将来、どうなるべきか?」

を、考えている。

 今は「学習塾の講師」であるが、この職業を永続的に続けていくことについて、強いリアリティを覚えることができない。

 「教え」ること、「伝え」ることはとても好きだし、ゆえにこの仕事は自分に向いている、と自負している。

 大学の先輩に就職活動を失敗した人がいた。

 その人は旅行が好きで、就活は旅行業界に絞って活動していたのだが、あまり人と話すことが得意ではなかったようで、結局失敗した。

 その後は公務員試験にシフトし、1年ほど浪人生活を送り、今は事務作業メインの公務員として活動している。

 本人曰く、

「自分のこの仕事は、はっきり言ってやりがいはない。ないけれど、自分に向いていると強く思う。」

と。

 そこで彼は僕にこう言った。

 「『やりたいこと』と、『向いていること』って、必ずしも一致しないからね。だから一にも二にも『自己分析』が大事だなぁ。。。と、つくづく思ったよ。」

と。

 僕は彼の言葉を至上命令とし、徹底的に自己分析をした。

 つまり、過去、現在を思い出し、何に夢中だったか?
何を好き好んでいたか?
誰を尊敬したか?
何の本を夢中に読んだか?
何を毛嫌いしているか?
将来何をしたいのか?
それの適性が自分にあるのか?
などを、ノート一冊分、書いて書いて書いた。

結果、見えてきたのは、

「自分の持っているリソースを、他者に提供し、他者の成長促進を図り、結果感謝されて、対価をもらうような仕事」

と、行き着いた。

 職業名でいうと、経営コンサルタントか、学習塾の講師に絞られた。

 途中しかし、決済についての強い興味があり、カード業界にも入りそうになったが、やはり上記の2つの職に絞った。

 結果、今こうして講師となったのは、経営コンサルが往々にして睡眠時間が短い、という点を気にしたためである。

 私自身ロングスリーパーで、睡眠時間が6時間くらいになるとやってけないたちなので、

「コンサルは無理だな…」

と、諦めざるを得なかったからだ。

 そんな感じで、徹底的に自己分析した結果、無事に就活も上手くいき、それなりのホワイト企業の正社員(プロ)講師として活動している。

 ここまでは順調である。

 しかし、この状況にあぐらをかきたくない。

 会社に頼り続けてこのままいくのもなんか、イヤだ。

 かといって起業して従業員雇ってガンガンいくぜ、という気が強いわけでもない。

 さて、、どうする??

 ………。

 社会人の転機は3年、5年、10年目終了時点という。

 3年終了時点で、どうなっているか、また考えよう。

 全く違う畑にいくのか、それとも講師を続けるのか。

 自分の思いとしては、講師業は続けたいなぁ。

 「〜したい」と、強く強く強く思えば、それが未来、将来になるのかも。

 いずれにせよ、今後も

「教えること」

「書くこと」

は、続けたい。

よろしくお願いします。