読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある種の悪口に隠された「愛」についての一考察 〜私の立川談志論〜

立川談志が、好きだ。

 

自分が今仮に15.6歳だとしたら、弟子入りしたいくらい、好きだ。

 

ゲーテの、

「人は、自分が愛する対象からのみ、学ぶことができる。」

が、思い出されるが、それくらいである。

 

なぜ好きか、と聞かれても、それはよく分からない。

 

 強いて言うなら、本人から滲み出る「自信」並びに「人が大好き」かつ「自分大好き」という性質が、彼の話口調から見て聞いて取れるからだろう。

 

少なくとも私はそう感じる。

 

 そこで今回、というか最近は車の中で立川談志のDVDを「聴く」のがマイブームなのだが、今回は「ざ、まくら スペシャルトーク」を聞いた。

 

その中の一節で立川談志は、弟子のことをネタにだして、こんなことを言っていた。

 

あいつら俺のことを落語のネタにしてるんだけど、それがサッパリ面白くないんだってね。

 

この前オレにそうクレームきたよ。

立川談志」という、やりようによっちゃあいくらでも料理できる材料を、あいつら、めっちゃくちゃにしちまうんだから。

 

アッタマ悪いねぇ〜。ホンットアッタマ悪い。

 

本当おめぇら聞いてろよホントに。(ここで舞台袖をチラッと見る)

 

落語家ほど頭悪いやつなんてこの世にいないんじゃないすか。

 

だから最近私はね、落語家とだけは付き合わないようにしてるんです。

(万座の爆笑)

 

 

「アッタマ悪い」の流れ、これ壮大なる『愛』を感じざるをえない。

 

 「アッタマ悪い」とは、文字言語レベルだと、明らかに「悪」口であるが、

それが立川談志の口から語られ出し、

かつ弟子についての文脈の中に放り込まれると、これ「愛」を語るもの以外の何物でも思えなくなる。

 

不思議だ。

 

ここから、「言葉とは何か?」について考えたくなったが、あまりにも壮大になってしまいそうなので、ここまでにしよう。

 

少なくともこれだけは言わせてほしい。

 

私は立川談志が好きだ。