読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life to liveか、Life to surviveか。

思考実験

よく行くコンビニで、店長さん(正確にはオーナー)に接客されることが良くある。

 

私はコンビニでも常にクレジット払いなのだが、その店長さんに2回目に接客された時に、私がクレジットを出す前に、

 

「お支払いはクレジットで?」

 

と、聞かれた。

 

このホスピタリティーには感服した。

 

ため息すらついた。。

 

店長さんは僕を記憶していただけでなく、客が支払い手段を言い出す前に、先手を打って、客に伺っているその姿勢、そのホスピタリティー。

 

これはまず「Life to live」なアルバイト店員にはできないことだ。

 

 「Life to live」。

 

つまり「生きるための生活」(不定詞の形容詞的用法)といったスタイルでアルバイトをする店員には、そこまで「他者のために」(pour autrui)(仏哲学者、E.レヴィナスの鍵語)をすることはできない。

 

(だってめんどくさいもん。それしなくても給料は発生するし。言われたことやってればいいだけだし。楽だし。みたいな。)

 

 しかし、「Life to survive」、つまり「生き『残る』ための生活」をしている店長さんは、アルバイト店員と同じ思想を持つことはできない。

 

 競争に勝ち、生き残らなければ、明日の食料すら得られない、という様な一つの『飢餓感』『ハングリー精神』が、店長さんにはある(と思う)。

 

 生き残るためには、他者からの評価、更に踏み込んで、他者を「感動」させる必要が出てくる。

 

そうして評価、評判が高まり、リピーターが増えていき、永続的繁栄にいつかは到達する。

 

私はその店長さんには「感動」した。

 

上記したエピソードに加えることがある。

 

そのコンビニはサークルKで、そこで私はとり天を買ったのだが、その時もまた店長さんだった。

 

その店長さんはこう、私に言った。

 

「(商品を見て)…ちょっと温めましょうか?」

 

と。

 

私はその時、マニュアルの遥か外の、人と人との生成的コミュニケーションに立ち会った感があった。

 

つまり、店員から機械的マニュアル言語をかけられるのでなく、人間的生成コミュニケーション現場に居合わせた感があった。

 

どうしてそんな感情に包まれたのか。

 

それは「ちょっと」という副詞にある。

 

「ちょっと温める」というのは、私はついぞ聞いたことがない。

 

それゆえに、そこにまず意外性を感じた。

 

そして、「ちょっと」というのは、何を隠そう、私がとり天に抱いていた気持ちである。

 

正直、私は

 

「このとり天…ちょっと温めて欲しいかもな〜…」

 

と思って、レジに行ったのだから。

 

そして、店長さんは、「ちょっと温めましょうか?」とおっしゃった。

 

完全に心を読まれた感があった。

 

「ちょっと」という、この、如何にも日本的な曖昧な感情というか、大和言葉

 

 それをまさかコンビニのレジで思い知るとは。

 

 学びは多い。

 

松下幸之助は、

 

「学ぶ心さえあれば、万物すべてこれ我が師である。

(中略)

どんなに小さいことにでも、どんなに古いことにでも、自然の摂理、宇宙の理法が密かに脈づいているのである。

これらのすべてに学びたい。」

 

と言った。

 

これからも人々が見逃し、流していく様なevery little thingに注目して参りたい。

 

 

道をひらく

道をひらく

 

 

 

Every Best Single ?Complete?【リクエスト盤】

Every Best Single ?Complete?【リクエスト盤】