針のむしろ的な、あるいはそれに類するような。

やるべき仕事が多すぎる。

 

数ヶ月前に比べて、明らかに仕事量が増えている。

 

それは、或る新規事業の、一部門の責任者となったこともあるからだ。

 

しかし、それに比例して、私の仕事のスキルがアップしているわけでは全くない。

 

むしろ、仕事の優先順位付けがフラフラし、逆に重要なことが抜け漏れてしまい、上司たちに怒られまくっている。

 

もちろん私が仕事ができていないこともあるが。。。

 

やれやれ。

 

針のむしろかよ。。。

 

逆切れのようでみっともないが、

 

「この野郎」

 

と、思うこともある。

 

…しかし今書いていてふと思ったが、

「この野郎」と思うところが、一つの転換点ではないか、と思う。

 

「この野郎」から次のステージへ。

 

昔から、「ピンチはチャンス」と、言うように。

 

山本昌×佐山】「この野郎」と何回思えるかが、成長のカギ https://newspicks.com/news/1635304/