読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「国破れて山河あり」とは何か?

最近、内田樹師匠が出演しているラジオを聴く機会があり、そこで「街場の憂国論」の話をしていた。

 

憂国

 

内田氏が言うには、国家の舵取りをしている人間は上位1パーセントの富裕層で、

その層は海外に人脈や別荘を持ったりと、非常に機動性が高く、最悪この日本が潰れても生きていける、と言う人たちであり、

そんな人たちが、のこり99パーセントの、日本の地に根付いて、日本語を話し、日本人と交流し、つまり日本でしか生きられない人々を支配していることは、これおかしいことであり、

これは国家解体の危機とまで言い切っている。

 

しかし、そんな上位1パーセントの人々も、のこり99パーセントの人たちが作る農作物、つまり衣食住がなければ生きてはいけない。

そのため、記号的な生き方をしている(株価、人件費、粗利などを常に意識している)1パーセントの人々も、最終的には日本の大地に根ざした99パーセントの人たちが作るものに依存せざるを得ず、

またその日本の大地に根ざした人たちこそが、歴史上新たな文化ーーー鎌倉仏教や歌舞伎などーーーを作り出していった、という。

 

そのような話をするなかで、内田氏はぽろっと

 

「国破れて山河あり」といった。

 

そう、杜甫の春望である。

 

私はこの詩が大好きで、暗唱してるので、いかに書き記す。

 

 

春望  杜甫

 

国破れて山河あり

 

城春にして草木深し

 

時に感じては花にも涙を注ぎ

 

別れを恨みては鳥にも心を脅かす

 

烽火 三月を連なり

 

家書、万金にあたる

 

白頭書けばさらに短く

 

すべて針にたえざらんとほっす

 

 

内田氏はぽろっと「国破れて山河あり」といったのは、国是として経済発展をかかげ、実際めざましき経済成長している国は、リビアシエラレオネなどといった、内戦明けの国であるのだ、

という文脈の中でのべ、経済発展を目指すところは国は破れるところにあるよ、ということをいっているのだ。

しかし「国破れて山河あり」なので、最終的には99パーセントの人たちがそれを拠り所としている山河が、強い、ということだ。

 

さて、この春望。話は変わるが、私はこの詩のいいところは、最後の4文にあると考えている。

 

つまり、

 

烽火、三月を連なり

家書 万金にあたる

ということで、戦争はずっと続いて、家からの便りもこない。だから以前に来た便りこそが、今のひどい状況を慰めてくれる唯一のものだ、

と、強いメッセージをのこしておきながら、最後、

 

白頭かけばさらに短く

すべて針にたえざらんとほっす

と、自分の髪のなさをなげく、という、割とどうでもいいこと、くだらないことをのべ、

 

見事な対比を成していることが、いい、と。

 

………古典から学ぶことは多い。

 

 

街場の憂国論 (犀の教室)

街場の憂国論 (犀の教室)