クリスマスイヴにおける店員さんの対応についての一考察

本日はクリスマスイブであるため、どの店も混んでいた。

 

その関係もあってか、なんとなくだがどこの店員さんも対応が

 

「…うーん。。。」

 

な、ものだった。

 

私は彼女と、とあるピザ屋さんにいったのだが、まずそこでは水が出てこない。

 

周りを見渡すと水があるのに、ウチのテーブルだけ、ないのだ。

 

そこで店員さんに「すみません、お冷ください。」といったら、謝りもせず、「はい。」と持って来た。

 

いやいや、まず謝罪しないとダメでしょ、と思わずにはいられなかった。

 

更にある。

 

支払いの際に、カードで支払ったのだが、その際に店員さんは私のカードを読み取った後にレジのレシートやカードを置くゾーンに私のカードを「投げた」のだ。

 

「置いた」のではなく、「投げた」のだ。

 

正確にいうと「ポン」と置いたのではなく、「ヒョイ」と投げるように置いた。

 

私はクレジットカードが大好きで、会計時に出したカードは特にお気に入りだったものなため(オリコの「ザ・ポイント」。そう、知る人ぞ知る、あの「黒くてポイント還元率が高いアレである)、特に「むっ」としてしまった。

 

このことについては指摘しようと思ったが、めんどくさくなって指摘はしなかった。

 

…でも、店員さんの今後のために指摘した方が良かったのだろうか?

 

…まぁいいか、しかし今後は「そういうこと」があったら指摘してかないと、返って損なことになるかもしれないから、指摘していこう。

 

さて、今日のことを振り返ってみる。

 

やはり土日でクリスマスイブ、そしてクリスマスなため、どの店も混んでいる。

ゆえに、店員さんもより忙しさが増す。

そうして、ひとつひとつの注意力が散漫になるのだろうか。

そういった外的要因だけでなく、

「…クリスマスでも働くなんて…世のカップルどもめ。、。」

といった、ルサンチマン的な内的要因も相まって、今回、

「え、店員さんそれはちょっと。。。」

と、思わざるを得ない場面が生じてしまったのかもしれない。

 

そういえば、同じピザ屋さんで、全国各地のピザハットの持ち帰りシステムが酷すぎて、店頭がお客さんで溢れかえり、時に怒号が飛び交うという「地獄絵図」であった、という。

 

…どこもクリスマスイヴは、大変だ。。。