「働いたら負け」とは何か?

友人がツイッターでこう言っていた。

 

今の会社で5年ほどやってきたけど、いまだに働いたら負けだと思う

 

うーむ。

 

「負け」とは何か?

 

何に「負け」ているのだろうか?

 

逆に、「働いていなければ勝っている。」とは何か?

 

働くということは、言い方を変えると、自分から稼ぎにいくことだ。

 

ここで注意することは、「働く」とは、上司やクライアントから命令されて強制的、奴隷的に「働かされる」ことではなく、

自分から主体的に目的的に「働く」ということだ。

 

その行為が「負け」ということは、「動いたらダメ」ということか。

動かず、自動的に天(それが親なのか、確立されたシステムなのか、公務員的立場によるものなのかは置いといて)から恵としてのmoneyが降ってくるのを待って、自分は悠々自適にいることが

「勝ち」

ということなのだろうか。

 

うーん。

 

そもそも人生において「勝ち」「負け」をつけることに全く納得がいかない。

 

これは10代の頃から思っている。

 

私が尊敬している故藤巻幸夫氏がこんなことを言っていた。

 

勝ち組、負け組なんて言葉遣いやめようよ。そうじゃなくて、「満足組」「不満組」だったらなっとくいくけどさ。

 

私はこの論に満腔の同意を与える。

 

今の働き方に満足してるか、不満か、ということだろう。

 

これに尽きる。

 

 

藤巻兄弟の大人塾。

藤巻兄弟の大人塾。