読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とは何か? 〜人を動かすことについての一考察〜

かくしごと

 

営業。

 

それはモノ(或いは非-モノ)を売ることだ。

 

売る。

 

それを渡す代わりに、お金をもらうことだ。

 

この近代的交易について、思い悩むところがある。

 

私は営業が得意ではない。

 

というのも、営業経験があまりないのにもかかわらず、3月から始まったからだ。

 

営業というと、私の感覚だと、お客からお金を「ぶんどる」ことだと、感じている。

 

「ぶんどる」とは、些か言葉が強い表現かもしれないが、こう表現するところの背後にあるものとして、「罪悪感」がある。

 

罪悪感。

 

これが、営業をする上で邪魔になっている。

 

どうすれば罪悪感なくして営業ができるのだろう?

 

うーん。。。。。。。。。。。

 

と、考えてみたら、過去に営業マンの友人がこう言っていたのを思い出した。

 

「営業は、相手にメリットを伝えないと買ってくれないよ。」

 

と。

 

なるほど、その商品を買うことによって、どんな具体的な「いいこと」があるか、を知ることができたら、手が伸びるなぁ。

 

この言葉を思い出したついでに、2つほど思いついたことがある。

 

まず1つは、熱情だ。

 

どんなにメリットを提示されたところで、営業マンの態度が悪かったり、或いは店の雰囲気が「どよん」としてて居心地が悪かったりしたら、買うには至らないだろう。

 

なので、

 

「『あなた』だからこそ、買って欲しいんですよぉぉぉぉぉ御ぉおおぁおアォォォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!*1

 

という、強い思いだ。

 

そうすると、お客からは、「あ、この人は私のことを思ってここまで言ってくれているのかぁ…(´ω`)」

 

と、なる(と思う)。

 

もう1つは、信頼性だ。

 

どんなに商品が良く、メリットも理解し、売り手に熱情があっても、最後の一歩、一手が大事だ。

 

それが、わたしにとっては以下のような思いだと思う。

 

「…なんだかよくわからないけど、この人のことは信頼できるな…。」

 

という、言葉にならないものだ。

 

要するに、営業において最後は商品力ではなく、営業する人間が信頼できるか、ということだと思う。

 

 

まとめると、営業において大事なファクターは3点。

 

  1. ロゴス(論理性)
  2. パトス(熱情性)
  3. エートス(信頼性)

 

この、自分が辿り着いた3つを大事にし、今後営業という仕事をしていこうと思う。

 

P.S. 私は佐々木希が好きです。

 

 

 

 

 

*1:o(^∇^)o