名古屋の資格学校を比較検討してみた。

社会人3年目となり、昇進もしたのだが、なんだが
 
「欠乏」
 
というか、
 
「枯渇」
 
というのだろうか、
 
「…………このままでは、ずっと「このまま」だ…。
これはマズイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
 
 
 
という気持ちが、正直ズーッと自分の奥底で渦巻いている。
 
しかし、その打破を、行動となって明確になかなか表せられなかった。
 
しかし、今月は4月だ。
 
桜も咲いた。
 
新年度スタートということで、資格をとろうと決心した。
 
本当は簿記2級を取りたいのだが、未だ3級すら取れていないので、3級講座をやっている学校を探す。
 
ひとまず名古屋駅周辺の資格学校 3校を見て回った。
 
 
1.f:id:sukosimo_samuku_nice:20170408230024j:image
 
2.
f:id:sukosimo_samuku_nice:20170408230045j:image
 
3.
f:id:sukosimo_samuku_nice:20170408230051p:image
 
 
この3つである。
 
まず最初に大原を見たのだが、大専門学校という感じで、少し代ゼミっぽい感じがした。
 
校舎が茶色いし。
 
受付の女性は受け答えがとても丁寧で、好印象を持ったが、他も見て比べたいと思ったので、一旦大原は後にした。
 
次に、大名古屋ビルヂングの上の大栄。
 
ここは入ったら職員の方に話しかけられ、そのまま面談みたいな感じになった。
 
大栄はしかし、すべて映像授業であり、かつ詳しい料金を教えてくれなかったので、
 
早々と、「ここはないかな。」と思った。
 
ただ、面談してくれた女性は大原の職員さん以上に丁寧であり、名刺もいただけ、とても親身になって対応します!というメタ・メッセージをそこに感じることができた。
 
最後に、TAC。
 
TACは大学生時代の先輩が司法書士講座で通っていたところなのだが、結局その先輩は司法書士になら(れ?)なかったので、そういった点から、最初から、
 
「うーん、一応見とくか。」
 
という気持ちで行った。
 
入り口は開放的だったのだが、なんだが古臭い印象を受けた。ただそれは大原もそうだ。
 
(…教育業界…全体的に資金不足なのかな………)
 
カウンターにいた職員さんに色々話しかけたのだが、全体的に事務的で、
 
笑顔は見せることなく、淡々と説明を私にした。
 
「うーん。。。」
 
である。
 
 
結果、総合的に判断して、ライブ授業も映像授業もある大原に決めた。
 
一番「まとも」で「真面目」そうだと思ったから。
 
料金も2万円ほどと、それなりにリーズナブルだし。
 
やはり資格学校は比較はするべきものだな、と本当に思った。