人に自分の話を聞かせるには?

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170414234708j:image

 

 

ある有名なコンサルタントがいっていた。

 

「『伝わったこと』が、『伝えたこと』だ。」

 

 

つまりこちらが言ったことが、必ずしも先方には伝わってるとは限らず、

 

いうなれば、コミュニケーションは全てが受け手に委ねられている、

 

といっても過言ではない。

 

今日会社で研修があり、偉い人々から様々な有難いお話を頂戴したのだが、

 

人によってはものすごく退屈で、苦痛で、苦行でしかなかった話もあった。

 

しかし、その偉い人の中でも、「聞かせる」話をしてくれた方がいた。

 

その方の話し方は、

 

『いいなぁ〜、盗みたいな!』

 

と、思えるものだった。

 

ここで簡単に共有すると、それは4点ある。

 

  • 言葉と言葉の        間           のつくり(いいですか? ………。はい、では次は…)
  • 単語、フレーズの強調(ゆっくり、ハッキリ)
  • 身振り手振り
  • 顔付き(の形相になったり、柔和なオタフクみたいになったり。)

 

今、研修を振り返りながらこのblogを書いているのだが、

 

「…あのお方、人に話を聞かせるプロ中のプロだな…」

 

と、思った。

 

 

やはり大企業は人材が揃っていて、お金をもらって『修業』できるとってもいい場所だな、と、振り返って思った。