無力感とは何か? 〜無力感の彼方へ〜

アルテマ(このblogの作者)がうつ病にかかって休職してから約1週間が経った。

 

日によって気持ちにムラがある気がします。

 

昨日は資格学校行ったりしてやる気に満ちていたのですが、

18時ごろ帰ってから22時まで爆睡し、

そのあと彼女と夜ご飯(CoCo壱でビーフカツカレーの納豆トッピング)を食べに行きました。

 

今日は昼過ぎに起きて、彼女は仕事に行くのですが、

僕は身体が重くて重くて重くて、きつい。

 

昨日睡眠導入剤を飲むのを忘れたのもあるのかな。。

 

そして今は家のベッドの上でblogを書いているのですが、

どうも無力感が、すごい。

 

 

「…いや、おまえblog書いてるやないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

blog書けるくらいのチカラはあるやろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

と、お思いの方もいるかもしれませんが、

そうなんです、これが不思議です。

 

文章を書くこと、日記を書くことは2007年から、断続的ではあるんですけど続けていて、今に至るんです。

 

何かを10年続ける。

 

それはもう自分の中に「染み込んで」いるレベルで、力が出なくても勝手にやりだすレベルになるのかな、と。

 

無力になってから、やる気が無くなってから、不調になってから、

 

「自分は何ができる?」

 

と、振り返ることが大切なのかな…と、ふと思います。