他者とは何か? 〜レヴィナス、内田樹両先生に敬意を表して〜

さっき電話で母親と今後のことについて話していたが、ここでなんとなくわかったことがある。

 

「何が…?」

 

それを今から書くよ。ちょい待ちっ。

 

今後、つまり将来について話したわけだ、母と。

そこでもともと考えていたことを言葉として伝え、「そうなんだ〜」と、相槌を打たれたりして、対話をしたわけだ。

 

思った。

 

人間は、どうあっても社会的な動物なんだな、と。

 

「…え? なんかいきなり哲学的やんけ。。」

 

そうだよ。

だって僕は大学院で哲学(正確には倫理学。さらにいうとエマニュエル・レヴィナスの責任論)を学んだからさ。

 

「お、おお。。そっか。。御意御意。」

 

うん。はい。

あ、で、話が戻るけど、社会的な動物、とはどういうことか?

これはね、言い換えると、人間はどうあっても他の人間〈他者〉と関わって生きていくものだし、特に何と言ってもコミュニケーション(意思疎通)をして初めて、立派な人間として生きていけるのだ、ということだよ。

 

「…なんだか深い話ですね…。」

 

そりゃそうさ。

そもそもの初めから浅かったりしたら、この僕が心療内科にいくレベルにまで不調になるもんか。

 

「…え、キレてるの…? キレてたらなんかごめん。。」

 

いや、キレてないっすよ。

…こら、長州小力か!ドアフォ!!!!!!

 

「…何一人芝居してんすか…まじウケるんですけどこの人wwwwwwwwwwww」

 

こらっ! 草を生やすでぬっ!!!!!

 

…やれやれ。。

…え、えーっと、何を話していたんでしたっけ…?

 

「やれやれ、あれですよ、コミュニケーションが何たらかんたら、ってやつでしょ?」

 

あぁ、そぉだ!

そうなのです、人間はコミュニケーションがどうあっても、どうあっても、どうあっても、どうあっても、どーあっても! …必要なのです。

 

「やたら強調しますね…」

 

うん!

人間、というか自己にとって他者はまた自分なんですよ。

自分がもともと考えていたことを他者と話すと、

「…あれ、やっぱり少し違和感あるな…?」

とか、

「…おお、そんな見方もあったか! ナイスなこというやんオメェ!」

と、なったりすることって、ありません?

 

「あ〜、まぁ、ある時もありますね〜。」

 

そうなんです。

自分の考えていたことが、他者との対話によって整理再構築され、より強固なものというか、より『自分が本当に求めていたもの』に近づくのです。

 

「なるほどね、だから今回オレが登場したってわけね。ふんふん。」

 

そうなのです。

…って、あんた誰…?

 

「…えっ……?(笑) いつもそばにいるじゃないですか(笑)」

 

…えっ………????

 

 

 

続く。

 

 

他者と死者―ラカンによるレヴィナス (文春文庫)

他者と死者―ラカンによるレヴィナス (文春文庫)