【フェルミ推定】この広告を、何人の高校生が目にするんだろう…?

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170703105503p:image

夢があるなら、進めばいい。

夢がないなら、探せばいい。

 

このコピー、いい。

女の子の髪型もいいね、アシメで、耳出してるのが。

また、女の子の表情の切なさもいいね。

高3の夏、友達以上恋人未満のガールと、将来について話しながら、夏期講習の終わりに一緒に歩いて帰ってるシーンが思い浮かんだ。

 

しかし、この広告を見る高校生は、どれくらいいるのだろう?

 

今の高校生は日経どころか、新聞を見るのか?

 

ちょっとフェルミ推定してみるか。

 

  • 日本の世帯数=5,000万世帯と仮定。
  • うち、新聞を取っている世帯=7割=3,500万世帯
  • うち、日経を取っている世帯=6割=2,100万世帯
  • うち、高校生以下の子供のいる世帯=4割=840万世帯
  • うち、高校生のいる世帯=4割=336万世帯
  • うち、高校生数=一世帯に1人=336万人
  • うち、新聞を手に取る可能性=15人に1人=22万4,000人
  • うち、上の記事を発見する可能性=7割=15万6,800人
  • うち、上の記事に「お、なんかグッと来る記事やん」と感動する可能性=3割=4万7,040人
  • うち、本気で行きたくなる高校生=1割=4,704人
  • うち、地理的条件、金銭的条件等をクリアして、本当に行こうと応募する高校生=4割=1,882人

 

まとめると、上の広告記事を見るであろう高校生数は15万6,800人で、応募は約2,000人だと見込まれそう。

 

参加定員が400人だし、日本の高校生数は約330万人とのことだから、そんなにズレはなさそうだね。

 

フェルミ推定、面白いっす。