なぜ鬱病は起こるか?

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170823064902j:image

100時間残業、精神むしばむ:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO20123670Y7A810C1TCC000/

 

 

 

 私自身も長時間労働と、それに付随してミスを連発して、5月に鬱病となってからもう3ヶ月が経った。

 

 そもそもなぜ長時間労働が発生するのか?

 

 理由はいくつかあげられる。

  • 人員配置、仕事配分にムラがある
  • 人員がそもそも足りてない
  • 当本人の能力不足
  • 上司から振られる仕事量が膨大

 こういったところだろうか。

 

 私が鬱病で休職する直前は、一日平均して4時間以上は残業していた。

 その理由は自分の能力不足と、仕事量が今までと比べて非常に多くなったことがあった。

 

 また、これは内心うすうすと思っていたことであるが、自分の属する業界、会社、部署自体に、言いようのない閉塞感や失望を感じていたこともある。

 

 こういった、仕事量の多さという目に見える現実に、目に見えない失望がかけ算されて、人は鬱病になるのではないだろうか。

 

 仮に、自分自身の抱える仕事量が多かったとしても、その仕事、その業界、その会社に対して未来や大きな希望を感じることができたら、人は鬱病になんかならないと思う。

 

 つまり、未来を予測する力、未来を志向する力を身につけることが、健康に楽しく働ける原動力になるのではないかと思う。

 

 それらの力を身につけるためには、

  • ニュースを知る
  • ニュースで気になることを自分で調査する
  • 気になったニュースを友人知人と共有する

 ことではないかと思う。

 そうして、自分が知らないことをまた勉強する。

 

 要するに、常にアンテナを高く高く張ることだ。

 それでいて、どこへ行っても通用するようなスキルを身につけること。

 

 一言でまとめると、自分ブランドが確立していれば、仕事においては困ることはなくなるのではないだろうか。