ある「美しくない」韓国の女子プロゴルファーの話。  ───見た目とはなにか?

 

 ふと書店に立ち寄ったら、上の雑誌に目がいったので、つい手に取って読んでしまった。

 私はゴルフには興味があるが、テレビは全く見ない。でもイ・ボミや、アン・シネの名前は知っていた。

 「韓国の女子プロゴルファーは美人ばっかりだな〜、やっぱ整形大国なのかなぁ〜」

 と思ってパラパラ見ていた。

 その中で、こう言ってしまったら大変申し訳ないが、お世辞にも美人とは言えず、ぽっちゃりとし、伝統的な韓国のお方らしい顔つきをされている女子プロゴルファーがいた。

 そのページの右下に、いい話が書いてあって、グッと引き込まれたのだ。

 はっきりとした内容は忘れたが、おそらくこのような内容だったかと思う。

 

「なぜ私の娘には企業のスポンサーがつかないんだ!」

父はよく嘆き、ぼやいていた。

私はその理由を知っていた。

「美しくない」から。

ひどい時には、

「整形したらスポンサーになってあげてもいいよ」

と、露骨なことをいう企業までいたくらいだ。

父は烈火の如く怒った。

 「綺麗かどうかで評価されて、ゴルフの実力で評価されないなんて、本当におかしいじゃないか!」

ようやくスポンサーがついた頃、父は心から祝福してくれて、自分のことのように喜んでいた。

「娘よ、周りが何といおうと、私にとっては世界一美しい女性だよ。」

と。

 

 涙が出そうだった。

 韓国は整形大国と見聞き知っていたが、みんながみんな整形をしているわけではなく、寧ろ反対派も存在したのか、とハッキリ思い知った瞬間だった。

 いわゆる偏見の壁、バカの壁を超えたような瞬間だった。

 

 ちなみに、彼女のスポンサーは、モスバーガーである。

 モスバーガー、素晴らしい。