我らが峯田和伸が、世間的に注目され始めている・・・?!

https://dot.asahi.com/amp/dot/2017082800026.html

 

 知る人ぞ知る峯田さん。

 僕はゴイステのころからのファンで、名曲「童貞ソー・ヤング」を初めて聴いたとき、なんでかは分からないけれど、慟哭、号泣するくらい感動したことがある。

 

 

 「この人は紛れもない天才だ。」

 そう、確信した瞬間だった。

 

 そんな峯田さんが「ひよっこ」に出ていることはそもそも知らなかったのだが、演技力で注目されているとは。

 実際、「アイデン・ティティ」で主役を演じていて、見たときは本当に引き込まれた記憶がある。文字通り、迫真で。

 

 

 何というか、彼の演技を見ていて、嘘くささ、胡散臭さが感じられなかった。

 

 「バッチギ!」という映画がある。

 以前テレビで井筒監督が、「バッチギ!」を撮影しているときに役者に怒鳴った言葉が思い出される。

 

お前ら! 演技すな!! 演技するからダメなんや!!!

 

 峯田は、役者として「演技をしてない」からこそ、その演技を評価されているのではないだろうか。