「急に頭によぎること」とは何か?

 

 ときどき、いや結構頻繁にあるとこなのだが、何かあることをしているとき、それとは全く関係がないことが、頭によぎることがないだろうか。

 例えば昨日の夜、おやつにチータラを食べながらスマホでニュースを見ていたら、なぜだか知らないが、「空中元彌チョップ」という単語が頭をよぎった。

 

 空中元彌チョップ

 

 おそらく25歳以上の方だったら知ってるかと思うが、狂言師和泉元彌がプロレスデビューをした際に、必殺技としてかました技がこれである。

 なんとも強烈な技だ。

 

 「…それがどうした?」 

 

 …。

 

 いや、私にも分からない。

 ただ、急に「空中元彌チョップ」という単語がよぎっただけだ。

 私はそんなことがよくあるのだが、この現象は一体なんなのだろうか? 

 何かの暗示か?

 いや、暗示にしても、「空中元彌チョップ」と暗示されても全く意味不明である。なんなのだ、これは。

 ただ1つ言えるのは、こういった作用は、AIにはまず不可能なのではないだろうか。

 あることをしていて、途端、それとは全く違う発想、動きをされたら、それはエラーに違いない。

 そんなことが許されるのは、人間だけだ。

 ということは、このようななんの脈絡もない発想というのは、人間だけの特権なのかもしれない。

 AIに星新一的な小説が書ける能力があるようだが、全く訳が分からない発想を生み出すことは、まだAIにはない。

 ここに、人間だけが持ちうる能力があるのではないだろうか。