うつ病は「治してもらう」ものか?

f:id:sukosimo_samuku_nice:20171130212537j:image

磁気刺激でうつ病治す 「rTMS療法」薬事承認:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24073610Q7A131C1NZBP00/

 

 うーん。。。

 

 私も約半年前にうつ病と診断されてしばらく休職していたが、うつ病としての症状は、1つが加害妄想で、もう1つは不眠症だった。

 しかしこれらは最初の2週間くらいでなんともなくなった。

 というのは、やはり仕事をエポケー(一時中断)したのと、元々趣味のランニングを再開したり、前々から強い強い興味があった株式投資や簿記の勉強をしたり、そして転職活動を行なったからかと振り返る。

 そんな休職期間を送ってきて思ったのは、うつ病を治すには、

 

  • 身体を動かすこと(汗をかくこと。アタマで抱えているストレスをカラダに転換し、それを洗い出す)。
  • 好きなことをすること(かつ、将来につながって前向きに行えること)。

 

 この2点を行うことが副作用のない1番の『治療』ではないかと思った。

 

 別な視点からいうと、うつ病を始めとした精神疾患というのは、誰かに「治してもらう」ものではなく、「自分で主体的に『治す』」ものではないかと思った。

 

 だから、こういった治療には懐疑的だ。

 

 でも、期待したい。