『あの日』か。

 

 僕はあの日は、新宿のニョキニョキしたビルたちの森の中で、就活生として蠢いていた。

 

 面接が終わり、ビルの下の本屋に入って、ブルータスを立ち読みしていた。

 

 そしたら、地震がきた。

 

 「あぁ、そういえば2日前も地震あったな。あん時は宮城で震度5弱で大っきかったし、東京も震度3くらいあったしな。」

 

 そんなことをふと思って、地震の通過を待った。

 

 いや、長い。

 

 「む…これはまずい! 外でよう!」

 

 地震はさらに長く、大きくなっていった。

 

 ビル達が揺れる。

 

 ゴォーンと、まるで地獄からの悲鳴のような、未だ嘗て聞いたことのない音。ビル達の、それは或いは泣きわめく声として聞こえてくる。

 

 人々はビルから逃げ、悲鳴を上げていた。

 

 「これはカタストロフィー(破滅的災害)か…」

 

 僕は焦りながらも、ビル達を、人々を見渡しながら、ビルから離れた。

 

 そうだ、ちょうど新宿ビル群の『LOVE』の近くにいた時だった。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180311120859j:image

 

 

 

 あれから7年か。