「娘さんを僕に下さい!」「いいだろう。ただし条件がある」

 

 昔、と言ってもここ8年くらいのことなんだが(つまり2010年代の話)、twitterか何かで、素晴らしいツイートを見て、それが今でも頭に残っている。

 それはこんな内容だったように思う。

 

 彼女の実家にて────

 

男「お父さん!娘さんを僕にください!」

 

彼女の父「…娘はやらん!」

 

男「僕は本気です!必ず幸せにしてみせます!」

 

彼女の父「…そこまでいうなら、条件がある。」

 

男「えっ? 何ですか?」

 

彼女の父「今から君のblog、facebooktwittermixiのアカウントを私に教えなさい。鍵がかかっているなら解除しなさい。返事は一週間後だ!

 

 

 …これはいいな、と思った。

 

 僕自身がこの男の立場だったとしても、全く問題はない。理由はこのblogもそうだけと、他のSNSも反射的に、直情的につぶやいてないからだ。

 

 将来、こんなお父さんになろうかな…(笑)