もうすぐ700記事。『書く』とは何か?

 

 もう直ぐこのblog「彼女は気取った〜(以下略)」も、700回目を迎えるのかあ。

 

 700。

 

 いやぁ、随分まめに更新してきたなあ。

 

 もともと文章を書くということは全く好きじゃなく、小学校3年生の時は、よく作文で苦しすぎて泣いてた気がするな…。

 

 今でも覚えてるのは、出だし。

 

 「ぼくは、この◯◯という本を読んで、思ったことは、」

 

 ここまでしかいつも書けなかった。

 「まじ文章書けないんだけど」という本があるけど、ホントにそんな感じだった。

 

 

 

 8歳当時のアルテマ君はきっと、「書く」ということは頭で全部考えてから書かなければいけない、と思ってたんだろうな。

 

 今となっては、「書く」は、書く前と後で別人になること、つまり書きながら考えて、「あっ、そうそう、そうだよね!」と、自分で納得しながら書いていって、書く前では思いもよらなかったことを生み出すことが、「書く」だと、経験上分かったけれど、この時は固定観念に縛られてたなぁ。。。

 

 とりあえず何か書いてみればよかったのに。

 

 「楽しかった」「怖かった」「つまらなかった」

 なんで?

 「◯◯が✖️✖️に△△といったから」

 なんで?

 「ぼくも友達と同じようなこと言われたから」

 なんで?

 ・

 ・

 ・

 

 

 のように、So what?(why?)を、自分の中でなんども繰り返していけば、簡単に文章は出来上がってくる。

 

 このSo what?ってしかもコンサル業界とかMBAの大学院コースなどでも語られるようなちゃんとした理論だから、なおのこと有効だ。

 

 もちろん小3のはなたれ小僧がMBA理論を知るわけがないけれど、あの時の小3のアルテマ君に、今の僕が声をかけるとしたら、

 

 「書こうぜ! とにかく頭に思ったことは書いてみよう!

作文って、思いついたことを書けばいいんだよ!

もしも書き直したいと思ったら、一緒に先生のところいって新しい原稿用紙もらってこようよ!

だから、間違ってもいいから思ったことを書くことから、すべては始まるのさ!(^_^)

 

 と、僕29歳のアルテマは笑顔で快活に、そして優しく8歳のアルテマ君に語りかけるだろう。

 

 今すぐ書け!の文章法 という本があった。

 

 やっぱり、「とりあえず書き出してみる」ことが、書くための訓練になると思う。