なぜ一人暮らしが危険なのか ━━━内田樹を参考に

 

 先月からずっと左半身、特に左手に力が入らない。

 最近はやっと左手も回復してきたけど、力を「ぐっ」といれると肩とか肘が「きゅっ」と痛くなる。

 だから重いものは左手じゃ持てないし、クルマの運転も、基本右手でやるからいいんだけど、バック駐車とか、左手が必要になるときはなかなかしんどいんだ。

 それと並行して、身体がだるい。

 昨日はいつもよりも歩くことが多く、家に帰ってきたときにはへとへとで、アタマもガンガン痛かった。

 困ったなぁ。。

 なんでこうなっちゃったのかなぁ。。。

 ・・・。

 やっぱり、左半身のこともあるけど、ちゃんと汗を流す運動ができていないからかもなぁ。

 「疲れることをしないと、身体が疲れやすくなる。」みたいな。

 逆説的だけど。

 うーん、多分やっぱりそういうことなんじゃないかなぁ。

 ハッキリ言って、身体が衰えているんだな、こりゃ。

 鍛え直せば、きっと身体も強くなるんじゃないかな。

 身体を動かせば、「常にだるい」から抜け出せる気がする。

 だるいから、気分もなんだか落ち込み気味だ。

 そんなときでも、内田樹先生の本を読みたい欲求と、今みたいにBlog書きたい欲求はとてつもなく、ある。

 こんな絶不調のときでさえもやりたいこと、やらずにはおけないことというものこそが、自分自身の人生の鍵を握っていることは、きっと間違いないんじゃないかなぁ、とも思う。

 そんなことはいいとして、あることをふと考えた。

 

 一人暮らしは危険だ。

 

 と。

 理由は、外では他者と接触して孤独ではないかもしれないけれど、生活をともにする人がいないからだ。

 その点は自由なのだが、自由過ぎて生活が乱れて、体調を崩しやすいとも言える。

 しかも、体調を崩したところで看病してくれる人がいない。

 これだ。

 これが、ものすごくでかい。

 以前、内田樹先生の本を読んで、こんなことが書いてあった。

 

 人間が家族を形成するのは、一人より複数人といた方が楽しいからではない。そうではなく、病めるときに看病してくれて、お互いを支え合うことができるからなのだ。

 

 引用は正確じゃないけれど、おおかたこのようなことを言っていたと記憶している。

 この言葉がいま、痛いほど身にしみている。

 

 僕は先週、ちょっとした休みがあったので、名古屋の彼女の家に一週間ほど居候してた。

 居候というと聞こえがいいが、要するにヒモ生活をしていた。

 それで、また昨日から一人暮らしに戻ったのだが、改めて思う。

 

 一人暮らしは危険だ。

 

 と。

 自由なのはいいが、自由過ぎてあかんよ、本当に。

 どこかやっぱりね、周囲の目というか、他者がいないと生きられないっすよ。

 そんなことをひしひしと感じる。

 極端な話、一人暮らしは生きるのも死ぬのも自由な空気感がある。

 僕は今まで自由が大好きで自由をずっと求めてたけど、自由はひょっとすると死に近いものかもしれないと思った。

 これは怖い。

 というのは、私は死ぬのが怖いからだ。

 できることなら2112年9月3日までは生きたい(ドラえもんの誕生日だから)。

 

 自由とは、それ自体が過剰だと死神をも召還しかねない、と思ったのだ。