使命感とは何か?

 

 仕事について毎日考えている。

 

 今の仕事、それは金融の営業だけれど、それはやりたくて、カッコ良さそうで、稼げて、安定しているからといったような理由で転職した。

 

 ただ、改めて考えてみると、そこに「使命感」が、ない。

 全くないということに気づいた。

 

 使命感。

それは、

 

 「これをモノにして、生涯突き詰めていくぞ!」

 

 「このことを通じて、顧客、自社、株主、地域社会、果ては世界全体をも更に幸福にしてやるぞ!」

 

 「オレは、これをするために生まれてきたんだ!」

 

「他の誰でもない、このオレこそがこの仕事をしなきゃならねぇんだ!」

 

「やりたい事をやるよりは、やるべき事をやるんだ!」

 

 と、仕事に対して思えるかというところだろう。

 

 様々なことがあって、今の金融の営業職を振り返ると、それらの使命感が全くないということに気付かされた。

 

 つまり、自己省察が欠け、即物的に飛びついて始めた仕事だと思った。

 いやもちろん金融の営業は、社会的影響力が高く、非常に重要な仕事なことは間違いないが、私アルテマがしなければいけないものではない、ということに気づいた。

 

他の誰でもない、 「この私」が、しなければならないこと─────

 

 

 友人に弁護士がいる。

 

 その友人とかつて学食で飯を食っていた時に、その友人にふと、

 

「なんで弁護士になろうと思ったの?」

 

 と聞いた。

 

 彼は昔、家庭の事情で法律に絡む事件に巻き込まれたことから語り始めた。

 

 その中で、彼はこう語った。

 

「自分は何をやった方がいいのか…。自分は家族に何ができるのか…。」

 

 その思いが、彼を駆動させた。

 

 これは、紛れもなく使命感からくるものだ。

 

 僕は今年度で30歳になっていい年だけれど、やっと、仕事とは何かということについて分かってきた気がする。

 

 それは、使命感がそこにあるか? ということだと。

 

 

 

参考文献 :