【ロールモデル】高田純次が面白い!

人生の言い訳 (廣済堂文庫)

 

 土曜の昼下がり、近所のほっともっとで買ったのり弁に納豆をかけて、そして昨日スーパーで買ったフリーズドライの野菜たっぷりお味噌汁をもぅぐもぅぐしながら、NHK教育を見ていた。

 

 そしたら高田純次が司会の、「人生に困った時は歴代の哲学者に相談しようぜ!」的な番組が始まった。

 

 僕はわざわざ大学院まで行って哲学を学んだ徒なので、つい見入った。

 

 見入ったのだが、それよりも高田純次トークに惹きつけられてしまった。

 

 例えば、高田純次が他の出演者から「自分の立ち位置をどう考えてきて、ここまで来ましたか?」的な質問をされたなかで、彼はこう答えた。

 

ちょっとバラエティに出るにしては僕はイケメンすぎるし…

 

 これは笑った。

 

 彼が、このセリフを厳かに、深刻に、それでいて堂々と語るところが、また面白さを引き立てているのだろう。

 

 また、彼が最上もがに「なんか人生で悩んでることあるぅ?」的なことを聞いた時のこと。

 

最上「悩みはいっぱいあって…

高田「あ、いっぱいあるの? まぁでも全部聞いてる時間ないから一つだけね。

 

 バッサリ最上もがを切ったのには笑った。

 

 適当なことを堂々と語る一方で、大人の辛辣さをサラリと語るところも面白い。

 

 古田敦也は、

 

「50になったら高田純次になりたい」

 

 と語ったらしいが、それもうなずける。

 

 僕も、この番組を見て、改めて「高田純次、面白い! 僕もこんなカッコよくて面白い大人として年を取っていきたい!」とすら思えた。

 

 人生の目的の一つに、自分のロールモデルを見つけることがあるかと思う。

 

 ロールモデル

 

 それは、自分自身の「未来」だ。

 

 学校でも、仕事場でも、書物でも、テレビでも、自分のロールモデルになりそうな人を見つけることは、極端な話、生きる意味とも言えるかもしれない。

 

 

 P.S.

古田敦也の上の言葉に対し、高田純次はこうアンサーした。

 

「俺も60過ぎたら、古田敦也になりたいと思っているんだけどね」