【マニア向け】OK伊東氏の楽屋風景

 

 崎山蒼志君にも相変わらずハマっているのだけれど、同じくらい、いやそれ以上にハマっているがOK伊東氏だ。

 

 前回はOK伊東氏の演奏部分をハイライトしていったが、今回は楽屋風景をハイライトしたい。

 

 というのも、OK伊東氏は楽屋風景も、舞台上と同じくらい面白いと思ったからだ。

 

 それが、こちら。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195018p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195100p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195138p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195233p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195255p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195325p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195352p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195415p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524200503p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195455p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195520p:image

 

ガングロ」というワードチョイスもさることながら、歌いながら閃いて、メモに残す時の顔つきがまた、とてもいい。

 いわゆる「ミューズの神」が舞い降りてきた瞬間だろう。

 こういう瞬間はOK伊東氏にとってはとても気持ちがいいものだったに違いない。

 

 その続き。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195821p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195910p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524195941p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524200027p:image

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524200045p:image

 

 舞い降りてきたものについて疑問を感じている時の顔つきもいい。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20180524200127p:image

 

 そこでまた韻を踏んで「ヒロミGO!」というのも、とてもいい。

 

 いやぁ…OK伊東氏は最高だ。

 

 

 

癒し系ミュージシャン - YouTube より。)